sponsored Link

Aman Venice アマン ヴェニスでアペリティーボ!

2013年イタリアのヴェネツィアにアマンがオープンすると聞いた時、
ヴェネツィアに行く事があったら是非泊まってみたいとずーっと思っていた。
で、今回のヴェネツィアの旅行でも最後の最後まで悩んで結局他のホテルにしたのだ。

ゲスト以外でもレストランの利用は可能なのでランチかディナーでもしようと思っていた。

グランドカナルからではなくてサンポロ地区の裏口から

ブザーを押すと何も聞かれずにスーッとドアが開いた。

ヴェネツィア本島でも庭がある唯一のホテル、裏にも緑が沢山茂っている。

薄暗いグランドフロワーにいるスタッフに声をかけられ、
アペリティーボしに来たと伝えると上へあがるように言われた。

グランドピアノがドンと置かれたフロアー

そしてグランドカナルを正面にするメインのサロンへ案内された。

ロココ調のゴージャスなサロン

16世紀ベルガモのコッチーナ家に依頼され建築家ジャン・ジャコモ・デ・グリージによって建てられた邸宅。
邸宅と言うよりも宮殿!

グランドカナル沿いには12~17世紀の美しい建物が並んでいるけど、
その中にはPalazzoと付く名の建物も幾つかあって、ここはPalazzo Papadopoliと言う名で知られている。

地元ヴェネト州の白ワインを頂いた。

テラスの窓越しから見る運河対面の建物

拝借したお手洗いはアジアンチック、シンメトリーな感じがアマンっぽい。

陽も落ちて暗くなり、ここで夕食もと思ったけれど、
まだヴェネツィアに来て数時間しか経っていない事もあって、
街歩きの方がしたかったので夜のヴェネツィアの雑踏へと身を投げた・・・・

夜のヴェネツィア、ゴンドリエーレもお仕事を終えて帰り支度。
次回はカーニバル期間中に来て、アマンヴェニスに是非泊まってみたい!

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK