sponsored Link

朝靄を抜けてモーゼル川沿いの町ベルンカステル・クース

古城ホテルで迎えた翌朝、窓を開ければ、外は真っ白でな~んにも見えない!
まるで雲の中にいるみたいに真っ白だった。
前日にライン川沿いをドライブしたので、この日1日はモーゼル川をドライブ。

ライン川の支流であるモーゼル川へ行くには、山を越えて行かなければならないのだけど、
外は太陽は出て来ているのに、周りがもや~んとしている。

しばらくすると晴れてきて、やっと秋の紅葉ドライブ♪

1時間ほどで、目的地Bernkastel-Kuesと言う町に着いた。

このベルンカステル・クースと言う町は2つのパートに分かれていて、
車はクースの川沿いに停めた。

お天気が良ければ、ブドウ畑を背にした街並みがキレイなんだろうけど、
ここは霧だか靄が晴れないままだ

クース川にはこれと言って見るものはなく

メインは橋を渡った先のベルンカステル側

丘の上の古城もすっぽり隠れてしまって、ボーッとシルエットが見えるだけ・・・・

橋を渡って真っ直ぐ進むと町の中心地マルクト広場だ!

赤い木組の家がメインに並んでいる

小さな町の小路

メインの通りには土産物屋にレストラン、カフェ

外に電気ストーブが付いていたカフェで一杯。
寒かったからホットチョコレートでも飲みたい気分だったけど、私はコーヒー

Benoitが白ワインを頼んでいた。普段白ワインは飲まない人なんだけど、
白ワインの産地だもの、色々試してみたいらしい・・・・
それに赤ワインを造るワイナリーは数少ない。
この地方独特なワイングラス。このグラスはワインショップにはだいたい置いてあった。

もし晴れていて、真っ青な空だったら、黄色の葉がキラキラ綺麗だったろうに・・・・
つくづく残念・・・

そこそこの観光客が歩いていたベルンカステルクースの町

小1時間ほどで散策終了!

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK