sponsored Link

ラッフルズホテルのコートヤードスィートのお部屋

ラッフルズホテルのコートヤードスィートのお部屋

オールスィートルームのシンガポールのラッフルズホテル。泊まっていたお部屋はコートヤードスィートルームで真ん中位のカテゴリーのお部屋になる。

著名人の写真が並ぶ廊下には、Crazy Richの出演者たちの写真もすでに並んでいた。

その廊下のすぐ近くのお部屋にアサインされた。

ドアを開けて右手にはリビングスペース

ウエルカムフルーツにショコラにガラスのポットの中にはキャラメル。大きなコッパー色下キーリングがお土産としてあった。

かなり大きいので実用的ではないけれど、記念品として有難くもらっています。

記念品と言えば、カードキーがそれぞれ違った著名人の顔が描かれたカードキーで、コチラはチェックアウト時にお持ち帰りくださいと言われ頂いたもの。一つはパンチで穴をあけ、リングを通してスーツケースにネームタグ代わりに付けている。

ソファの正面にはTVとコーヒーテーブル。

コロニアル風なトランク型したキャビネットの中にはネスプレッソマシーン。カップはシックスセンシズダクストンでも触れたLe Gleのもの

ミニ冷蔵庫の中のソフトドリンクはフリーチャージ。暑かったのでココナッツウォーターをよく飲んだ。飲めば補充してくてるのもウレシイポイント!

ココナッツウォーターは体温を下げてくれる作用があるので、暑い南国では理にかなっているのです。逆に冷え性の人は飲まない方が良いらしい・・・・

そしてベッドルーム。

ベッドルームから見るリビング。

改装が終わってから3週間後だもの~全てにおいて新しいのでリネン類も新品そのもの。ベッドの寝心地も最高!

落ち着いたトーンのベッドルーム。新居もこんな感じでコーディネートしたいのだけどなぁ~・・・・

TVを挟んで並ぶクローゼット。

ドレッサーは丸い部分を開けると鏡になっていて、中にドライヤーが入っている。

そして一番奥がバスルーム。

バスアメニティーはORMONDE JAYNE。まだ新しパフュームブランドだけど、見るからにラグジュアリーで香りも大人の香り。

スリッパもキルティングで使い捨てするには勿体なく思えるもの。Benoitが私の知らぬ間に持ち帰っていて、家に戻ってトランク明けてから気が付いたよ!何なら私の分も持ち帰ってほしかった・・・・

ダブルシンクの洗面は物が全てシンメトリーに綺麗に置かれていて、気持ちが良い。

バスタブを挟んでシャワーブースとトイレ。

最終日の夜にはデスクにレターセットが広げられていた。

このペンはギフトショップでも売っているもの。

午後になるとバトラー君が運んでくれるローカルのスィーツ。

もち米を使ったお菓子が多いのね。

あま~いのかと思ったら、そんな事もなく美味しい。せっかくシンガポールに越してきたのだから、これからローカルスィーツも色々食べてみたいと思えたウレシイ発見だったのです。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK