sponsored Link

美しくなったティフィンルームで朝ごはん@ラッフルズホテル

大改装後、美しくなったシンガポールのラッフルズはティフィンルームもとても明るく綺麗になっていました。

鏡が貼られた前面には白×青の陶磁器のお皿、インドのお弁当箱ティフィンが左右の棚に飾られて、優雅な雰囲気の中朝ごはんが頂けるのです。

初日はフルーツにペストリー、ココナッツウォーター

色々並んでいるけれど、セミビュッフェなので暖かいお料理はオーダー制。フルーツも美しくカットされています。食器は勿論Le Gleのもの。

ピンクのカーネーションの花がこんなにエレガントに見えたのは初めてだと思う。

2日目はワンタンスープをオーダーしてみた←美味しい!

ココナッツウォーターも冷蔵庫の中にすでにカットされて並んでいるのです。

最終日はハムとその他・・・

私バゲットに蜂蜜を塗って食べるのが好きなのだけど、ここにChestnutsと書かれた蜂蜜が置いてあったので食べてみたら、これがとっても美味しい!栗の木の蜜を集めた蜂蜜はちょっと香ばしい味がした。

これを食べる為にもう一度ここで朝ごはん食べた~い。バゲットを食べたのが最終日だったのがホント悔やまれる・・・・

美味しすぎて、スタッフに買って帰りたいのだけど、売ってるかしら?と聞いたら、朝食で提供しているだけで売り物ではないとの事。定かではないけど、もしかしたらギフトショップにあるかも知れないと言われ、行ってみたけどやはり置いてなかった。

ちなみに改装前のティフィンルームはこんな感じ。新しくなっても今まで通り昼と夜はインド料理を提供している。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK