sponsored Link

ミラノに来たならドォウモのテラスに上ってみよう!

ミラノに来たならドォウモのテラスに上ってみよう!

泊まっていたタウンハウス ドゥオーモのスィートルームのテラスから綺麗に見えたミラノのドォウモだけれど、
せっかくこの街にきたのだから、世界最大級のゴシック建築でこの街のアイコンであるドォウモの中も見てみたい!

部屋から見る限りドォウモ左側にあるエントランスは朝から長蛇の列をなしていた。

どこから見ても美しいけれど、正面に立つと圧巻!

中に入るのに並ぶのはイヤだなぁ~と思っていたら、
チケットブースはいくつかあって、エレベーターでドォウモのテラスへも上がれるファーストトラックがあった。
これなら待たずに入場できるらしい。

チケットを買ってドォウモへ入る人達の列とは別の入口からすんなりエレベーターに乗って屋上へ!

ミラノの家々の屋根と間近に見えるガーゴイル等の彫刻

あの建物はちょっと醜いと言うか、カッコ悪い!なんであんなデザインにしたんだろう・・・・

ゴージャスで美しいと思うけれど、私的にはゴシック建築よりもそれ以前のロマネスク様式やビザンチン様式の方が好きだな~
半円のアーチが沢山あるのが好み。
教会よりもモスクの方が好きだし!

一つ一つ観ていくと、とても細かい彫刻が綺麗なんだけれど、
何だか怖いのよね・・・・・バロック様式もそうだけどエクソシストとか昔のホラー映画に出てくる暗いイメージがあって、何となく不気味な感じが拭えないのだ!

天を突き刺す135本の尖塔の上には街を見下ろす聖人の像

世界全部の大聖堂を見たわけではないけれど、記憶に残る美しい大聖堂と言えばシエナ。
大理石の横縞模様が印象的で、外も中も本当に美しいと思う。↓
Siena ~世界一を目指したシエナの美しいドォーモ~

大きなアーチは有名なエマヌエーレ2世のガッレリアのエントランス

金色のマリア様が乗った塔部分は現在工事中。

15世紀、ミラノにこのドォウモ建築案が公募された時にレオナルドダヴィンチも応募してたのだとか・・・

結局は最終選考がなされる前に自ら応募を取り下げたのだそう。

バラ窓やステンドグラスよりも私は床に目が行ってしまった。

妖艶な夜のドゥオモのファサード。でもやっぱちょっと怖いかも・・・・

 

 

ランキングに参加しています、ポチっとclic↓お願いします!

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK