sponsored Link

コルフ島のカノニに浮かぶヴラヘルナ修道院

岬の最南端Kanoni(カノニ)。ここにフランス軍の大砲が置かれてたのでこう呼ばれてるのだそう。

コルフ島を紹介する写真で必ず出てくる絵

海に浮かぶのはヴラヘルナ修道院。その奥にポンディコニシ(ネズミの形)と言う名の島。

叙事詩オデュッセイアでイタキに帰る王の船がポセイドンの怒りで岩に変えられてしまったと言う伝説の島。

防波堤の右側はケルキラの飛行場で運が良ければ?頭上を飛行機が飛んでいく。

カノニの港には修道院や対岸の町が見渡せる丘の上のカフェがある

しばし、景色を眺めながら日向ぼっこ・・・

夕暮れ時も綺麗

泊まっていたホテルもカノニの町にあった。

滑走路がすぐそこ・・・・

1月頃にホテルの予約をしたのだけど旧市街はどこも満室!
やはりコルフ島のイースターはスゴイのだ!

海沿いのリゾートホテルは休業中(だいたい5月ぐらいからopen)で
街に近い所はここしかなかったの・・・・・

下の箱は金曜日にチェックインした時にあったお菓子。
茶色のクッキーはシナモンの味がして甘くない!

上の箱は土曜日の夜部屋に戻ったら置いてあった物で、赤く染めたイースターエッグ、
赤はキリストの血を表すんだって
イースターの時期に食べるパンチュレキも入っていた。
これが一人1箱ずつ。イースター期間ならではのサービスよね!

DIVANI HOTEL

市街を離れた南の港沿いも遊歩道があっていい散歩道!
右手に旧要塞左には新要塞で、その真ん中に旧市街がある。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK