sponsored Link

Amangiri ”Wow”が止まらない! アマンギリへのアプローチがすでに超絶景

Amangiri   ”Wow”が止まらない! アマンギリへのアプローチがすでに超絶景

インドのアマニカスでテントに泊まりながらタイガーサファリを楽しんだ後、

リゾートに必ず置いてあるアマンの写真集を見ながら次はユタ州のアマンギリで大自然を満喫したいと願っていたら、それから約2年後にアメリカ西部に行くチャンスがやって来た!

大きなレイクパウエルを横目に更に道を進んでいく。

大きUTAHと書かれた看板が見えてアリゾナ州からユタ州へと入った。

赤い岩肌からグレーがっかった岩肌へと変わった辺り、
GPSを頼りに小さな左折の道を曲がるとAMANGIRIの案内板がやっとみえた。

ここから道なりに進むだけなのだけど、ここからリゾートまでのアプローチが凄かったのです!

フラッグスタッフからずーっと絶景続きのドライブで目が慣れてしまうことなんて一切なくて、

全然飽きない風景に夢中でシャッターを切っていた。

3,4分走った所でアマンギリのゲートに到着。

インターホーンで名前を告げると簡素なゲートが静かに開いた。

スピードリミットが20なので、このユックリが丁度イイ感じで、
何だかアトラクションパークの乗り物にでも乗っている様なそんな感じさえした。

それにしても、もう敷地内にいるのにこの広大さったらないよね~

束の間の3日間だけど、こんな景色に囲まれながらステイ出来るなんて思うとワクワクする!

クネクネと曲がる道、

コーナーの度次々に目に映る奇岩たち

もうワォが止まらない!

mmm・・・・ここがエントランスじゃないよね・・・・

リゾートはまだまだ先みたいだ・・・・

そしてやっと岩に溶け込む建物が見えて来た!

インターホーンで名前を告げてから7,8分近くかかっていたと思う。

アブダビの砂漠の中にあるリゾート、
アナンタラ  カスル アル サラブ  デザート リゾート
でもそうだったけど、ゲートからエントランスのアプローが長い分だけワクワクするよね!

この長いアプローチをビデオにも撮っていたのだけど、いつか気が向いたら編集して載せてみたい!
やっぱり私の下手な写真で見るより、映像で見た方が何倍もWow感がスゴイ!

ずーっと来て見たいと思っていたアマンギリに到着!
到着時はGMは丁度不在だったようでスタッフの方何人かが出迎えてくれた。

写真は滞在中にリゾートを出入りする度に撮った写真を混ぜて載せてるので、雲があったりなかったりするのです。

他のアマンに滞在するとすれ違うゲスト達は数組だったりすることがほとんどだったけれど、
この時は満室なんでは?と思うほどゲストも沢山いたので、車もすでに沢山!

敷地内を案内がてらに歩いてお部屋でのチェックインとなった。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK