sponsored Link

オマーンのシャングリラ アルフスンのスィートルームに滞在

オマーンのシャングリラ アルフスンのスィートルームに滞在

前回はラックスシービューのお部屋に泊まっていたので、今回はワンランクアップしてスィートルームを予約していた。↓
山とアラビア海を望むデラックスシービューのお部屋

スィートルームでも3つのカテゴリーがあってコチラはOne-Bedroom Suiteのタイプ。
次にSpecialty Suite(150㎡)そして、プライヴェートエレベーターのあるRoyal Suite(500㎡)になる。

案内されたのは予想していなかったグランドフロワーだった。

写真は廊下から見た部屋のドア。

観音扉をあけるとウォークインクローゼット。真ん中にソファがあって、左右向き合う様になっている。前回のデラックスシービューは48㎡でスィートは倍の広さの96㎡。だからウォークインクローゼットも広々!

部屋の奥に進むと手前がバスルーム

HPではSea views from bathtubとあったんだけど、ベッドルーム越しなので、ちょっと遠いい・・・

ダブルシンクはやっぱり使いやすい。

シャワーブースも二人一緒に浴びれる程の広さ+ベンチあり。

アメニティーはロクシタンのJasmin&Bergamoteタイプのもの。

バスルーム一番奥のトイレ側からお部屋の廊下をみた図。ちょとっしたデスクと椅子が置いてあって、ルームキーやカメラなどのお出かけグッズを置いておくのに便利だった。

室内の動線は良く出来ていて、どこからでも出入り出来るベッドルーム

私、ターンダウン時にベッドカヴァーが外されるのかと思っていたら、カヴァーは最初から掛っていないのね~。個人的にはカヴァーがかかっている方が好き。

バスルームとベッドルームの間は引き戸で閉めれるようになっている。

コーナーにはデスク。お仕事出来る様に文具はほとんど揃っていたみたい。

そしてリビングルーム

リビングルームの奥にはゲストのゲスト用?のおトイレもあり。ミニバーはアルコール以外コンプリメンタリとの事で、飲めばちゃんと補充してくれていた。

ウエルカムフルーツにスィート

ベッドルームからもリビングルームからもアクセスできるテラスにはリビング側にコーヒーテーブル、ベッドルーム側に椅子が並べて合って、

お部屋の両脇に向かい合うようにソファが設置してある。

テラスからの眺めはこのお部屋の位置があまり良くなかったみたいで、今一つ!この木?がちょっと視界の邪魔なんだけど、これがこのお部屋のプライバシーを守っているらしい。

どの位置にいくつのOne bed Suiteがあるのか知らないけれど、今回のお部屋はココ

そう言えば、レストランの予約を入れる時に部屋番号を告げたら、担当者が「あ~いい部屋に泊まってるんだね~」と一言。でもビューが今一なの~と言ったら、あそこはG階だからね~って・・・・・

小高い場所はプライヴェートディナー用。
テラス正面の場所はプライヴェートディナー時以外ゲストも立ち入り禁止の場所なのでとっても静か。

左に目を向ければアルフスンのサンセットビーチの方角が見える。これが正面だったらもっと良かったのにと思うと少し残念かなぁ~。ハイシーズンなのでホテル側も忙しいだろうと変えてもらう事はしなかった。

テラスから外にアクセス出来るんであれば、このビューの弱いグランドフロワーのスィートルームならではのエクスクルーシブ感があって良かったのになぁ~と思う。そしてもっとテラスを広くとってプライヴェートガーデン+プールを作ったらいいのに!今度のリノベーションでこの案いかがだろうか??・・笑


Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK