sponsored Link

オマーンのシャングリラ バールアジサ散策

オマーンのシャングリラ バールアジサ散策

オマーンのマスカット近郊にあるシャングリラバールアジサの敷地はとても広い。以前はオマーンの国に来たのも初めてだったので、ムトラの街に出てモスクやスークを見たり、ある日にはドルフィンウォッチングにも出かけたけど、今回はホテルでひたすら籠っていたので、朝な夕なに敷地内散歩が日課となった。

泊まっていたアルフスンから下のアルバンダールへは回廊を通ってエレベーターに乗ると行けるようになっている。

このピンクの回廊が結構好き・・・・

夜はもっとエキゾチックな感じになるのだ!

クリスマスイブは下の2つのホテルもメインレストランはスペシャルメニュー。

アルバンダールとアルワハの間には流れるプールがあって、子供が喜びそう!でも結構流れがはやいのね~

2匹のラクダも変わらずにいた。

海沿いをずーっと歩いてアルフスンの方へ戻ってくると、遊歩道の先がタートルビーチ。

アルフスンでの年末のカウントダウンはここでやるらしい・・・・・

遊歩道の終点からアルフスンのプライヴェートビーチが見えるけど、ここから見えるパラソルはサンセット側の物で、このビーチのパラソルたちはここから隠れた所にあるので見えないし、やっぱりアクセス出来ないようになっていて、この辺は徹底してアルフスンのゲストとの差別化をしていると思う。

4年前と変わった所と言えば、この#Bayoman

小さな展望台も設置されて、ちょっとした観光地になるっぽい!

マリーナ周辺も工事中だったし、拡大するのかな?

1つ前の記事でも書いたけど、少し外れの隔離された所にあるのが良かったけれど、ここはヴィラも増えたし賑やかになりそう・・・・

建物に邪魔されない美しい景色が見れなくなるのが少し残念・・・・・

ホテルの裏側にも絶賛工事中の個所があった。

扇形した古代の劇場みたいな階段と大きなステージ。

フェスティバル会場でも作っているのかな~

そうそう、4年前に使ったオマーンのお札が残っていたので、今回使おうと久しぶりに出してみたら1/2(ハーフリアル)なんてお札があったのに気が付いた。1/2なんてお札初めて見たよ!

オマーンと言えば乳香。その乳香を使ったラグジュアリーなパルファムがアムアージュ。前回のオマーン滞在時には選べなかったのだけど、後日ドバイに出張に行ったBenoitがお土産に買ってきてくれたのがアムアージュのLYRIC。

真っ赤なボックスには薔薇の花が描かれていて、中には深紅のボトル。私ローズの香りが好きではないのだけど、これはローズの香りがほとんどしない。ちょっぴりスパイシーでオリエンタルな甘い香りはエキゾチックな大人の女性に合いそう・・・・


にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK