sponsored Link

ゾウのアップが撮れた!エトーシャ国立公園をセルフドライブ♪

ゾウのアップが撮れた!エトーシャ国立公園をセルフドライブ♪

この日はとっても素敵だったヴィラムシャラをチェックアウトし、エトーシャ国立公園内をゲームドライブしながら、次のロッジへと向かう一石二鳥の移動日。

朝のゲームドライブの日はこんな暗い中起きて朝食へとむかうのだけど、今朝は少しだけゆっくり。

今日もまん丸お月さまが浮かんでいる。

シンプルな朝食ビュフェ。卵やパンケーキは別途オーダーで作ってくれます。

名残惜しいけれどチェックアウトを済ませ、早速エトーシャ国立公園へ!

こちらで入園料を支払い、別の検問所でこの紙を見せてチェックを受けたら、そこから先は果てしなく広がる大地だ。この領収書は公園を出る時まで無くさない様にしなければならない。公園も出る時にはチェックがあるのです。

日の出と共に目を覚ました動物たちが喉の渇きを潤すため水を飲みにやって来る朝一番が良いのだけど、今日は大型動物との遭遇は期待せず、自分達の車でゆっくりとみて行こう!

地図を見ながらグーグルマップで予め水飲み場の場所はピンをしておいたので、オフラインマップでナビもしながら進んでいきます。

最終的に目指すは西側のオカクエジョのゲート。

Benoitが見つけた大きな鳥。最初は周りと同化してて全く分からなかったの、あそこだよあそこ!!と何度も指を指された方をみてたんだけどな~で、やっと見えた!これはKori bustardと言う鳥みたい。

前日に行った天然の水飲み場に行ってみたら、またシマウマたちがいた。奥は親子シマウマかな?

何度見ても動物の赤ちゃんはぬいぐるみみたいで可愛い・・・・

他のシマウマ達が去ろうとしているのに、動かず反対方向を向いている赤ちゃん。

兄弟でも待ってたのか、楽しそうにお喋りしている様に見えて、ホント癒される~

芸術的曲線のクドゥの角。

カッコいいね~

奥の塩湖がキラキラ輝いて、オリックスがポーズを決めている。

こちらにもお馬の親子

童謡の”お馬の親子は仲良しこヨシ、いつでも一緒にポックリポックリ歩く”ってあるけど、あれ本当なのね!

沿道に緑の葉が付いた木が多くなってきたエリア。エトーシャ国立公園内は全部が同じではなくて、ブッシュがあったり、開けた大地だったりと色々でドライブしていると景色も変わってくる。でも地図を見て分かる様に殆どが塩湖なのです。

しばらく進むと、あ~前方に見えるはゾウさんだ~。

車が止まるぐらいの速度でゆっくりと近寄ってみる

ゾウもこっちに寄ってきている・・・・

耳を広げると余計に大きい!それに何だか怒ってる?威嚇されてる?

私達は車を停めた。この間6,7mと言ったところか、近い、とっても近い・・・・・動物は車には慣れているので、絶対に車から降りなければ大丈夫だと分かっているけど、

ズームアップ!コワ~イ!!!!!!

見るからに老齢のゾウはこの後ゆっくりと方向を変えて、私達が襲われる事はなかった。

奥の方にも数等の仲間がいた。

同じように老齢のゾウのようだった。なに老人会?ゾウにもシニアクラブなんかあるのかな・・・・

エトーシャのセルフドライブはつづく・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK