sponsored Link

エトーシャのヴィラ、リトル オンガヴァのお部屋

エトーシャのヴィラ、リトル オンガヴァのお部屋

エトーシャ公園横のオンガヴァ リザーブ内、オンガヴァ ロッジの更に上に3つだけあるのがリトル オンガヴァ。

食事をするメインのヴィラから更に登っていく事になる。ヴィラの間隔もかなりあるので、プライバシーがキッチリ守られている代わりに、ちょっとしたトレッキング?な道のり。私達の部屋が一番上だったので尚更だった。でもきっと歩いて5分程だと思う。

太古の火山岩タイナマイトで出来た丘で、周りには木々が茂っている。良~く見ると大きなモルモットみたいな動物がいるのだ!

目がクルンクルンした可愛い動物で、部屋へと案内してくれたスタッフが言うにはゾウの親戚なんだと。きっと誰もが同じリアクションするんだと思うけど、多分に漏れず、私も「え~~ゾウ????」って

丘の一番上。藁葺屋根のプリミティブなヴィラ

玄関のドアを開ければリビングスペース。

玄関を振り返った図

同じエトーシャでも先に泊まったヴィラ ムシャラとは又違った雰囲気のお部屋。

ヴィラ ムシャラが洗練されたアガサクリスティーの世界だったら、こちらはもっとプリミティブと言うか、素朴なアフリカーンタイプ。

ウイスキーやシェリー酒

ベッドルームへの間仕切りは引き戸。

デスク

リビングの前にはナミビアの大地を望む広いテラス。

シーリングファンに蚊帳がかかったベッド

ベッドルームからも直接テラスに出られる

そうそう、ターンダウンされてから気が付いたのだけど、ベッドルームが家の中に又家がある仕様になっていた。

これって増築したのかなぁ?

奥のバスルームへも引き戸で分けられているので、全て開けるととても広く解放感がある。

洗濯物も、朝出せば夜には綺麗に洗ってアイロンを掛けれて戻ってきている。

ガラス張りのバスルーム

シンメトリーのダブルシンクにアメニティーはヒーリングアース

ナミビアに来てから3軒目、泊まった何処のホテルもこのブランドの物を使っている。そしてヨーロッパと比べると水質が違うのか、髪の毛がサラサラ!

こちらではバケツが設けられていて、シャワーの温度が適温になるまでにバケツで水を受け止めておくのに使う。バケツの水は翌日トイレのタンクに入れたり、掃除に使ったりと無駄にしないのが良い!

バスタブからはテラスにあるプールや東屋が見えるし、ガラス戸も明ける事が出来るので本当に解放感たっぷり!行った時は蚊もいなかった。こちらもマラリアフリー。

クローゼットには虫よけスプレーは勿論の事、危険が迫った時に鳴らすホーンも完備!

ベッドの裏がクローゼットスペース。

ナミビアのホテル、どこもそうなんだけど、カバンを置くスペースが広く設けられていて、本当に使い易かった。

テラス編に続く・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK