sponsored Link

シンガポール唯一のリゾートアイランド、セントーサ島のカペラにチェックイン♪

シンガポール唯一のリゾートアイランド、セントーサ島のカペラにチェックイン♪

コロナウイルスが収まらない今の状況では国外に旅行に出る事も出来ないので、現在住んでいる小さな都市国家シンガポール国内でステイケーションするならと真っ先に思いつくのが国内唯一のリゾートアイランド、セントーサ島。

セントーサ島にはいくつものリゾート&ホテルがあるけれど、大人二人なので、カペラホテルがやはり最初の選択肢。

シンガポールで幾つかの国内ホテルの予約が可能になったとのニュースを聞いてから、予定のない週末に予約をいれて、2泊3日のステイケーションとなったのです。

車寄せへと続く坂道

自宅から10分程で到着したコロニアルな白い館。

館の前には緑が広がっていて気持ち良い

敷地内には数本のヘリテイジ ツリーと呼ばれる木があって、どれもとても大きな木

緑地からは本土のスカイクレイパー

1880年代のイギリス植民地時代に使用していたタナメラと呼ばれるコロニアル様式の歴史建物をリゾートホテルとして改修して2009年に開業したカペラ シンガポール。

QRコードをスキャンして中に入ると、レセプションとサロンはこじんまりとしていた。

誰かのお家に遊びに来たみたい・・・・

ウエルカムドリンクとして出されたのは紙パックのお水。コロナの影響でこういう所にもグラスに入ったジュースなどのサービスは無くしていかないといけないのかな?後日記事にしようと思うスパの後も普通ならお茶やドリンク、ちょっとしたお菓子が出るのだけど、今は出せないからお部屋で食べてとデーツなどドライフルーツが入ったパッケージをもらった。

QRコードもそうだけど、ハンドサニタイザーもニューノーマル。館内のあちこちで見かけた。

ラッフルズホテルもそうだけど、白いアーチが連なるアーケードはやっぱり好きだな~

カペラ シンガポールと言えば、最近ではやはり米朝首脳会談が開催された場所として知られていて、ちゃんと金のプレートがありました。

ここで写真を撮っていたら、スタッフの方が通りかかり、ハイ写真を撮りましょう!二人でそこで握手して!って(苦笑

夫婦でどっちがキム ジョン ウかドナルド トランプになるかってもめたけど、どっちもどっちよね!

プール編へと続く・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK