sponsored Link

カペラ シンガポールのプールサイドで朝ごはん

カペラシンガポールの朝食会場はメディタリアン料理のThe Knollsにて、コロナウイルスの影響下の今は7:00~7:30,8:30~9:00、10:00~10:303つの組に分けられていて、チェックイン時にどのグループが良いか聞かれるので、予め第二の8:30~の朝ごはんでお願いして、チェックアウトの日の朝食はヴィラで取る事にした。

熱帯雨林の濃い緑に囲まれたプールが非日常。これだけでもステイケーションして良かったなぁ~と思えた。

8:30に向かうとお外のテラスがまだ数席空いていた。室内でも食べられるけど、空いていたなら絶対お外が気持ち良い!

コロナ前はビュッフェ式だったようだけど、今はメニューからアラカルトで好きな物を好きなだけ頂けるシステム。ジュースはワゴンが来るので、その時に好きな物をオーダー。確か3種ほどあったと思う。

私達はビュッフェよりもアラカルトの方が好きなので嬉しい。

Benoitはフルーツ、エッグベネディクトにラクサと言うちょっと面白い組み合わせ。

私はフルーツにワンタンスープ。鳥のさえずりと言うと可愛らしい小鳥の鳴き声で聞こえが良いけど、時にはギャーとかグワーッとかどう表現したら良いのか分からない鳴き声の鳥もいて、朝からジュラシックパーク!

お隣のテーブルがインディアンファミリーで、女の子がパンを投げたらとっさにピーコックが走ってやって来た。

敷地内の至る所に出没する彼ら。ビーチ沿いでも見かけたのでセントーサ島のあちこちにいるのかな?

朝ごはんの後は一度部屋に戻ってからプールへ、ヴィラのプールはプランジプールなので泳ぐことは出来ないのよね・・・

あまり人が泳いでいないのも良いのだけれど、泳いでいない時はマスクを着用しないといけない。泳ぎ終わって、はぁ~とディベッドに横たわると、スタッフが”泳いでない時はマスクしてね!”と注意しにやって来る。

まぁ~それだけ徹底しないと政府から営業のお許しは出ないのかもしれない。

ベッドに着くと、すぐにお水を運んでくれる。

上段がアダルトオンリー、中段はファミリー用と分かれているのも大人的にはウレシイ。最後の下段は早い者順で2時間限定だと言っていた。

滞在中、朝は毎日晴れだったので、プールサイドで気持ちよい朝を過ごせた。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK