sponsored Link

デュシタニ ラグーナ シンガポールのプールサイドで過ごす昼下がり

デュシタニラグーナシンガポールには金曜から日曜の2泊3日でのステイケーション。周りにはゴルフ場以外何もないので、ホテルに籠って過ごす事になるのだけど、今のCovit-19の状況下ではプール使用は事前に予約しなくてはいけないシステムはどこのホテルも同じだと思う。

でも、金曜日のチェックイン後は勿論の事、土曜日も空いていて、何処でも好きな所を使っていいよ~状態だった。

プールもかなり長いので、サマーベッドもそれなりに数が揃えられているけれど、それでもガランガランだった。

浅瀬やジャグジースポットが多いのも特徴。

予約していたのは土曜の午後1時からだったけれど、結局金曜の3時から6時まで、土曜は11時から3時過ぎに雷が近づいているから、プールサイドから出て下さいと言われるまでプールサイドで過ごしていた。

プール向かいにはプライヴェートプール付きのメゾネットタイプの部屋があるのだけど、デイユーズだけで、泊まる事は出来ないのだそうだ。

プールサイドでダラダラ過ごす、飲んだり食べたりしながら・・・・

そして、時折プールに入ってブクブクに身体を委ねる。人が大勢いたらリラックス効果も半減だけれど、私達の滞在時には本当に人があまり居なかったのがラッキーだった。

芝生部分にはこんなタイチックな三角クッションがのったキャビンもあったりする。

空港が近いので、時々轟音と共に飛行機が通り過ぎるけれど、飛行機の数も今はメッキリ減っているので、気になるほどではなかったな。これが元の様に頻繁に離発着があったらどうなるのだろうね??

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK