sponsored Link

南イタリアの白い街オストゥーニで時を忘れる

ロコロトンドから更に20分、”白い街”と呼ばれるオストゥーニへ
”La Citta Blanca”の看板が見えたら街はすぐそこ

italy

丘の上に白い街が見えてきた!!!
行った事のないシシリーはこんな感じなのかなぁ~・・・

italy

この街を歩いてたら、スペインのアンダルシア地方の白い街を見たくなった

italy

未だ歩いた事のないスペイン!

italy

オストゥーニは1000年以上も前にギリシャ人が作った街で
意味は”新しい街”

italy

この他にも南ヨーロッパにはギリシャ人が植民地として作った街がたくさん、
有名所では、イタリアのナポリ→ネア・ポリス、シシリア島のシラクーサ→シラクサイ、フランスのマルセイユ→メッサリア、トルコのイスタンブールは度々名前が変わってるけど、ビザンツ帝国時代にはビザンティウムと呼ばれてて、ギリシャ名のビザンティオンからきてるし、

italy

地中海全体を通して呼び名をギリシャまでさかのぼる事が出来る町100以上もあるんですって!
それがみんなギリシャの植民地だったのだから・・・・

italy

西洋文明発祥の地ギリシャ、今はその国に住んでいるのだ・・・

italy
この街の守護聖人オロンゾ(Sant’Oronzo)

italy

路地を歩いてると別に迷ってもいいかなぁ~って思う
気の向くまま時間を気にせず、時を忘れて歩く・・・・・

italy

italy

今回の旅で訪ねたオストゥーニ、ロコロトンド以外にもこのイトリア周辺には
チステルニーノ、マルティーナ・フランカ等白い街がたくさん点在する

italy

このカフェから遠くアドリア海が見えた。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK