sponsored Link

ギャンツェ ~チベットからインドへの交易路の要衛として栄えた町~

大自然を満喫したナンカルチェからギャンツェの町へとやって来た。
昔はインドとの交易路として栄えたらしいけど
今はそんな面影はみじんもない、小さな地方の町だ。

CIMG7624

そこにあるのが、パンコル・チョーデ

CIMG7623

中央の白い建物は、年に1回大きなタンカ(仏教画)をかける為の建物。

CIMG7636

まるで、そこに僧侶が座っているかの様に置かれてる赤い法衣

CIMG7634

DSC_0160

CIMG7645

ここにはチベット最大の仏塔があって

CIMG7706

四方には仏眼が光る!

CIMG7653

中はアリの巣の様になっていて、各々小さな部屋には仏像と仏画が壁に書かれている

DSC_0171

ちょっと怖いくらいだった・・・

CIMG7654

この寺の周りは壁でぐるりと囲まれていて

CIMG7675

なんだか万里の長城みたい

CIMG7661

仏塔を降りていく僧侶がカメラ目線で笑みをくれた!

CIMG7666

ゆっくりと下っていくと、ここにもマニ車がずら~っとならんでいる

CIMG7710

CIMG7691

CIMG7693

梵字(サンスクリット語)なのかチベット語なのか??
アラビア語やタイ語の様にほんと分かんない!

DSC_0201

DSC_0212

パンコル・チョーデの隣には村があるのだけど、
まるで映画のセットの様!もちろん人が暮らしている。

DSC_0214

CIMG7732

逆卍に上のマークはどういう意味なんだろうか???

DSC_0218

各家には牛が繋がれていて、牛フンは乾かして燃料になるんだそう

CIMG7743

ハロ~と自転車で寄ってきた少女。Benoitが彼女の写真を撮る代わりに持ってきたキャンディーをあげた
この旅でキャンディーは役にたった!

CIMG7747

“日光の都”と呼ばれるラサもそうだけど、ここでも太陽の光を利用してお湯を沸かす、ソーラーシステムが活躍!

CIMG7749

チベットの日差しはとても強い!

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK