sponsored Link

麗江 ~灰色瓦屋根の海!麗江古城散歩~

大理から山を超え谷を越え、辿り着いた麗江の古城。
サクッとランチを食べて、さっそく散策開始!

Yunnan 08.2012 292

チベット系少数民族のナシ族が古代より使っていた象形文字の様な”トンパ文字”が残る街

Yunnan 08.2012 300

Yunnan 08.2012 298

雲南省を旅する前に昆明出身の女の子から、麗江古城はとにかくスゴイ人だよ~と聞かされていた。

DSC_0938

夜からは特に川沿いバーの並ぶ通りはうるさいと・・・

DSC_0939

メインの広場、ここでもやっぱり地元のお婆ちゃんが輪になって踊ってる

Yunnan 08.2012 312

Yunnan 08.2012 315

とにかく踊りが好き!

Yunnan 08.2012 325

石畳の階段、土産屋を冷やかしながら、古城の屋根が見渡せる丘をゆっくりと登った
海の様に広がる灰色の瓦屋根

DSC_0972

見たかった景色

Yunnan 08.2012 320

こんな景色を見ながら仕事してたら楽しいかな???

Yunnan 08.2012 333

93年だったか、96年だったか忘れてしまったけど、大地震でほとんどの建物が崩壊、
今の街は再建したものなんだそう・・・

Yunnan 08.2012 335

古城内には客桟と呼ばれるゲストハウスがあちこちにある

DSC_0988

Yunnan 08.2012 361

1件のお茶やさんに寄った

DSC_0003

雲南省と言えば、プーアール茶、色々飲んで気にいった物を買った。

DSC_0001

そうそう、この店で一番高いお茶は50年物で、500,000元だった!!すごい~~~~

DSC_0993

本当かどうか定かではないけど、ナシ族のシャーマンだと言う人にトンパ文字で名前を書いてもらった。

DSC_0994

私の名前、トンパ文字であらわすと”山羊の女”・・・・・なんだか、あまり嬉しくない・・・・

Yunnan 08.2012 343

大きな古城内は迷路の様に入り組んでいて、道に迷うのも簡単!
そして早朝でもないのに、人が歩いていない瞬間って貴重!

Yunnan 08.2012 351

おじさん、ちょっと暇そう・・・

Yunnan 08.2012 350

水路沿いにはカフェやバーがずら~っと並ぶ
どの店も同じで、弾き語りのお兄ちゃんがギターを弾きながら歌っている。
かなりうるさい!

中国の主要な観光地はどこでもそうだけど、とにかく人が多いい。
この麗江古城もそうで、ディズニーランド状態になっていた。

もっと、しっとりと落ち着いた古城のイメージがあったから、
前から聞いてはいたけど少しがっかりしてしまったのは事実。

長い年月、何人もの人が歩いてすり減った石畳、木の家屋に瓦屋根、
サラサラと流れる小川、素敵な要素が一杯詰まってるのに・・・・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK