sponsored Link

ランタンボール国立公園、初めてのゲームドライブでベンガルトラを見た!

クリスマスイブも早々に引き上げたのは、翌朝早朝のゲームドライブの為

ランタンボール国立

バトラー君に5時に起こされ、運んでくれた熱~いコーヒを飲んでテントを出ると
空が白み始めている、いざ出発!
Benoitと二人お迎えのジープに乗り込む
冷える早朝、暖かい湯たんぽと毛布を用意してくれていたのがとても有難い。
でも、ジープは何も囲いがないから車道を走ると風を切ってとーっても顔が冷たかった!

ランタンボール国立

バンヤンツリーのゲートがこれから始まるジャングルへの冒険心を掻き立てる・・・

ランタンボール国立

さっそくシカがお出迎え!

園内を案内してくれたのは、ナチュラリストのファロック氏
まずはトラの新しい足跡がないか道路の脇を注意深く見ている
確かに新しい足跡があるらしい・・・
湖にさしかかると・・・・

ランタンボール国立

あっ~~~~トラだぁ~!!!
霜の降りた草の上をゆっくりと歩いている。
その後草むらへと入ってしまったので反対側に先回り!
反対側で待っていると草陰から少し縞々が見えるのだけど、出てくる気配がしない。

ランタンボール国立

そうこうしている間に日が昇り始めた

ランタンボール国立

湖からあがる蒸気がとても幻想的だ・・・
そんな景色に酔っていると
双眼鏡でチェックしてるファロック氏がドライバーに移動する様に伝える

ランタンボール国立

なんと、さっき見かけた場所に戻っていた!

ランタンボール国立

しかも6mぐらいととっても近い距離にいるのだ!

ランタンボール国立

あと2,3歩で車道に・・・と言う所で
後から、続々と車がやってきたら、また草むらへと戻ってしまったのだ・・・・残念!

ランタンボール国立

きっと、暫くは茂みから出てこないだろうと、
この場所からはなれ、園内を見て回る

ランタンボール国立

ランタンボール国立公園には50頭ほどの野生のベンガルトラが生息しているらしく、
園内は幾つかのゾーンに分かれていて、
各ゾーン車ごとに入れる台数も決まっているのだそう

ランタンボール国立

朝日が当たって美しい湿地帯に沢山の鹿たち

ランタンボール国立

鏡を張ったかのような静かな湖

ランタンボール国立

かつてはマハラジャの狩猟区だった公園
朝のキーンとつめた冷たい空気と青い空
動物たちとそれを取り巻く自然の美しさに感動する

ランタンボール国立

ワニも沢山日向ぼっこしていた。
ファロック氏が言うには、冬の間ワニは太陽の陽を浴びないとと死んでしまうんだそう・・・

ランタンボール国立

お茶を飲みながらクッキー食べていると寄ってきた鳥は人なれしているみたいだった

ランタンボール国立

丘の上には10世紀に建てられたランタンボール城塞の遺跡

ランタンボール国立

園内にも残る遺跡はジャングルの中にひっそりと溶け込んでいる・・・・

トラを見られるかは運次第と言われていたので、過大な期待はしていなかっただけに、
園内に入ってすぐにトラに遭遇したこと、至近距離で見られたことがとても嬉しかった!
3時間のゲームドライブ終え、アマニカスに戻ってスタッフとトラの話に花が咲いた事は言うまでもない!

翌日の午後からのゲームドライブへとつづく・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK