sponsored Link

モンジュイックの丘から見るバルセロナの街

バルセロナの街歩き、行ってみたいグエル公園は中心部から少し離れた場所にあるので歩いては行けない。一人だと現地発着のツアーに参加してその場所に運んでもらうのが一番楽なので、ツアーに参加する事にした。

そのツアーの集合場所が凱旋門。真っ青な空に赤いレンガの凱旋門が一際美しい!建築家ジョゼップ ビラセカ イ カサノバスによって1888年のバルセロナ世界博覧会のメインアクセスゲートとして建てられたもの。

シウタデリャ公園の前にドーンと構える凱旋門はパリのとも、ブリュッセルのとも違って、ネオムデハル様式の門は、やはりどことなくエキゾチック。

門をくぐると官庁の建物が続き、その先が公園になっている。ヤシの木がリゾートの雰囲気を出していて、その先は地中海。

グエル公園とセットになっていたモンジュイックの丘。そこからはバルセロナの街が一望出来て、サグラダファミリアも良く見える。

こうやって見ると、どの建物よりも一段と高く規模が大きいのが分かる。

地中海に浮かぶイビサ島やマヨルカ島へのフェリー発着ポートも眼下に見える。

丘の展望台近くにあったカタルーニャダンスの像は本当にそのまんま。

市内の大聖堂前で踊っていた人達

バルセロナのオリンピック(1992年)って柔道がかなり熱い戦いだだったし、岩崎恭子が水泳で金を取ったりで、結構覚えているのだけど、そのオリンピックのメイン会場もモンジュイックの丘近くにある。

今はショッピングモールになっているらしいのだけど、個人的に惹かれたのがこの建物。

1900年に作られた闘牛場ラス アレナスはずーっと閉鎖したままだったのを、業者が買い取り、ショッピングモールとしてリニュアール。建物の外観を昔のまま残してあるのが素晴らしい!これもアンダルシアに良くあるエキゾチックなムデハル様式なのかな?

連なるアーチがコルドバのメスキータみたいだ!

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK