シンタグマから30分、ツーリストも行きやすいアテネのビーチ

日本からツアーで来る一般の旅行者はアテネは遺跡を見ておしまいの人達がほとんどだと思うけれど、
夏にアテネに来たのならアテネのビーチも楽しんでもらいたい!

アテネの中心地シンタグマからブーラ行きのトラムに乗ってしばし街中を走しり、
30分程したところで教会を通り過ぎ、坂道を下り始めると正面に青い海が見えて来る。

Edamと言う停留所にもビーチがあるけれど、Edamから3つ目のKalamakiと言う場所で下車。
トラムストップからすぐのBoliver Beachはエントランスの人も英語を話すので観光客でも難なく入れる。
パラソルにサンベッドがあって一日使いたい放題で10euro前後(週末と平日では値段が違う)

アテネコーストにはこう言ったカフェがマネジメントしているビーチの他に、
何もない公共のビーチが沢山あるけれど、
遠い異国からパラソルやサンベッドなんて持ってくるわけがないし、
これらがないと陽に焼けて大変な事になるので、パラソル(日陰)は必須!

バーのスタッフがビーチをいつも行き来しているので、冷たい飲み物やランチもオーダー出来るから、
陣取ったら、あとはゆっくり海を楽しむだけ!

エーゲ海やイオニア海に浮かぶ島と比べたら劣るかもしれないけど、
ここでも十分キレイ。

このビーチへの入口は2つあるのだけど、
シンタグマ方面から来ると奥のエントランスにはフォトジェニックなブーゲンビリアのトンネルがある。

Boliver Beachのお隣にも今年オープンした有料ビーチ

向いにあるこんなカフェがマネージしている。
↑ココ、昼間は暑くて誰もいないけど、陽が沈むと人が集まって来るのだ。
週末の夜は人でいっぱい!

遊歩道もあるから、海風に吹かれて傾く夕陽を見ながら海沿いを散歩するのもいい・・・・

サントリーニ島の夕陽もロマンチックで良いけど、アテネの夕陽だって負けてないのだ!

 

 

ランキングに参加しています、ポチっとclic↓お願いします!

Sponsored Link

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK