sponsored Link

マドリードの美しいコートヤードで食事@グラン メリア パラシオ デ ロス デュケス

マドリードにあるグランメリアが13世紀の修道院と19 世紀のグラナダ デ エガ公爵の宮殿の2 つの歴史的建物を組み合わせて改装したホテルだとは、以前お部屋編にも書いたのだけど、この美しいコートヤードは宮殿の一部分だったのだろうと容易に想像できる。

コートヤードに面した裏通りも静かでとても落ち着く

丁度庭のあちこちに植えてあるラヴェンダーが咲いていて良い香りがした。

ホテル内にはレストランもあるのだけど、あまりお腹もすいてなくて、コートヤードでタパスが食べられるというので、アペリティフも兼ねて夜はここで過ごす事にしたのです。

Benoitはルーフトップバーでも飲んだガーリーなジントニック。どんだけ好きな?

スペインに来たならハモンイベリコは欠かせない!

ブラッターチーズのサラダが超美味!

コロッケとタコ足のグリル

やっぱり南ヨーロッパの料理はいいなぁ~

そして朝食はこのカウターにビュフェがずらーと並ぶ

Benoitがホテルを予約する時に、このホテルは朝食のレビューが凄く良いって言っていたのだけど、種類も豊富でどれも美味しかったし、スタッフの人もとても良かった。スタッフの人はレセプションを始め皆好印象。

フルーツも綺麗にカットされて並んでいた。

卵料理などは別途オーダー出来るけど、朝はそんなにいらないのでこれで十分。

パンの数も豊富に揃っているのに、タパスっぽく小さめサイズのサンド類も沢山!

寄って、いつもより多めの朝食となった!

グラン メリア パラシオ デ ロス デュケスの朝食はとってもオススメ!


Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK