sponsored Link

テムズ川を渡ってグリニッジへ

ロンドンに住宅購入予定だと言う友達が最近グリニッジの方にも内見したりして、少し詳しくなったよ~という事で、連れていってもらったのがグリニッジ。ロンドンの中心からは離れているように見えるけど、泊まっていたThe Nedはバンクの駅の前、そこから電車1本で乗行けるのでとっても便利だった。途中新金融街のカナリーワーフを通り抜け、テムズ川を渡ればそこはグリニッジの街。乗車時間も20分程。

駅から人の流れに沿って出れば公園にはドーンとカティーサーク号。

1週間のロンドン滞在中、この1日だけ曇り空だったのよね~残念!グリニッジへは電車の他にボートで来ることも出来るし、テムズ川の下のトンネルを歩いて渡る事も出来るのだそう。そのトンネルの出口がこのドーム。対岸にも同じドームが見える。

折角なので、今は博物館になっている船内に入ってみた!私、カティーサークと言えば、この帆船がマークの緑のボトルしか思い浮かばない!飲んだことは1度も無いけど、CMのカティ~サ~ク~♪♬の歌はよく覚えている。

この船、19世紀に中国からイギリスまで紅茶を運んだ船だったのね・・・・今まで全然知らなかった・・・・

それに茶箱の積み方もスゴイ!船底からギッシリと詰め込んでいたのね~

この船、上海にも来てたんだね~、上海で知り合った友達と一緒に結構興味深く船内を見て廻れた。

横浜の実家もわりと近いこの友達と二人して、そう言えば山下公園にも船あるけど、入ったことな~いと。あの船の名前何だっけ??とずーっと名前が出てこなかったのだ・・・言われれば、あ~そうそうってなるのに、全然出てこない!

船の下にはカフェもあってアフタヌーンティーなども出来る様。予約席なんかもいくつかあったから密かに人気なのかもしれない!

近くには入場無料の国立海洋博物館があって、ここは子供たちで一杯だった。

旧王立海軍学校はロンドンのシティーに立つ聖ポール大聖堂もデザインした人だと言う。そういえばドームが聖ポールに似てるかも?

柱がずらりと並ぶローマの新殿風な廊下はすごい。

向い合う様に同じ建物があって、一つはペインテッドホールで只今修復中。
でも、だからこその作業用の足場に登って天井画を近くに見る事が出来る天井ツアーもあるんだとか。後の一つは礼拝堂になっていた。

そして、グリニッジ公園の内の緑の丘を登って行くと頂上にはグリニッジ天文台。

丘の上から見るロンドンのシティーの高層ビル群。お天気が良かったらもっとキレイだったろうに違いない!

そして世界標準時を示す24時間時計

プラネタリウムがあったりと見どころタップリの丘なので、かなりの人で混雑していた。

天文観測所の天窓は開いてなかったのだけど、大きな望遠鏡が真ん中に鎮座していた。この大きな望遠鏡を見ていた時に、あっ!氷川丸と友達が発した。急に降りて来たらしい・・・笑  そうだ、氷川丸だったね、山下公園にあるのは。


駅前にはマーケットも出ていて賑やかだったし、パブにカフェ、緑が一杯でテムズ川もすぐそこで川沿い散歩も気持ち良いだろうし、ロンドンの中心地に出るのも簡単だし住むには良いところかもしれない・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK