sponsored Link

グッドウッド パーク ホテルのデラックス プールサイド スイートに滞在

シンガポールの老舗ホテル、グッドウッドパークホテルでのお部屋はバリ島にインスパイアされたメイフェアープールにダイレクトアクセス出来るデラックス プールサイド スイート。メインのプールにダイレクトアクセス出来るお部屋もあるけれど、こちらの方がひっそりとしていて、過ごしやすいと思う。

ホテルのお部屋はカテゴリー別に順に改装を進めている様で、こちらも2021年改装済みなので、壁なども真っ白でフレッシュ!

サイトでのお部屋の様子を見る限り、新しいお部屋はライトブラウンを基本カラーにベイジュやグレーと落ち着きのあるシックなカラーでまとまっている。

デスク横のドアからプールサイドへと出入り出来る。

シャワーブースとバスタブが独立しているのだけど、ここはダブルシンクではなかった。それでも両サイドにキャビネットがあるので、自分達のコスメなどはそこに置けるので全く問題なし。

お部屋は改装済みだけれど、バスルームのタイルなどはそのままだと思う。シャワーヘッドもレインシャワーとハンドル切り替えが出来るものではなくて旧式のまま。

バスアメニティーはエトロ。エトロはパッケージが変わったと思っていたけれど、こちらでは以前のカラフルバージョン。

リビングスペースもいたってシンプル。

この時は復活祭の休日ともあって、ウエルカムフルーツと一緒にイースターブレッドも一緒にあった。

リビングスペースはシンプルイズベストで良いのだけど、ちょっとシンプル過ぎかなぁ~と感じた。

リーディングチェアーはオットマンも付いて良いのだけど、ベンチ型のソファはも背もたれがないので寛ぐことが出来ないのがマイナスポイント。

滞在初日は夜から土砂降りの雨が降りだした事もあってホテル内のレストランはどこも満席、予約など入れてなかったので、ルームサービスを頼んだ。

食事をお部屋でとる事になると、ルームサービスで運ばれてきたワゴンをそのまま使用するにもそれに合う椅子はなく、このローテーブルしかないので、少し食べづらかった。

なので食事が出来る位の高さのコーヒーテーブルに椅子2客があると便利だと思う。65㎡の広さのお部屋を折角改装したのに、使い勝手があまり良くないと勿体ないなぁ~と感じた。

ホテルのサイとを見ると幾つかのお部屋は直接ブッキングできるけれど、幾つかはCotact usになっていて、このお部屋もその内の一つだった。なので、予約はメールとでやり取りしてたのを覚えている。もしかしたら、リビングスペースはまだ仮の状態でこれから仕上げにかかるとかなのかな?

それでも、日中はプールサイドで過ごす事が多かったので、やはりダイレクトアクセス出来るお部屋は便利!

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK