sponsored Link

半年ぶりに見るいつものアテネ

ほとんど経済が破綻してるギリシャ、
アテネの中心地、シンタグマ広場周辺は連日デモやストライキなどで殺伐とした風景がテレビでもみられるけど、
そこから車で30分、リゾートタウンのグリファダはいつもと変わらない、ゆっくりした時間が流れていた

06.2011 067

毎週木曜日に開かれるライキ(青空市場)では、ほとんどの野菜や果物が1euroで両手に余るほどの量買える。
エーゲの太陽をいっぱい浴びた野菜は新鮮で本当に美味しい!
上海ではローカル店で買ったら安いけど、科学肥料がたくさん付着してるから、洗剤で洗わないといけないし、
日系のスーパーでオーガニックとうたっている商品は高いし・・・と、何かと比べてしまう。
野菜類を買う事は出来ないけど、いつもの様にプラプラ見て回った。

06.2011 061

何もプランがない週末のランチによく出かけた、家から歩いて10分のマリーナ沿いにあるタベルナ
揚げたてのカラマレや小魚、クタクタに茹でたホルタ
フェタチーズがド~ンと乗った、グリークサラダ、ミトスビール
こっちでもフェタチーズは買えるけど、ギリシャで食べるフェタとは大違い!
エーゲ海からの心地よい風を受けながら食べる食事はこんなにも美味しいなんて・・・・

06.2011 072

住んでいたグリファダの街にしばし戻って、
家の窓から毎日眺めたエーゲ海の碧い海を思い返し
やっぱりここに家が欲しいねぇ~と二人で語ったのは言うまでもない・・・・・
(興味本位で住んでいた部屋を通りから見てみたら、もうすでに誰か住んでるみたいだった)

06.2011 082

空から見えた高級住宅地ブリャグメニのマリーナ付近の海
この碧い海をスーケースに入れて持って帰れたらと何度思った事か・・・・

06.2011 084

今回アテネの地に再び舞い降りたのは、Benoitの会社のギリシャ支社の引越し祝いのレセプションに夫婦共々呼ばれた為、
レセプションにはベルギー大使を始め、かなりの人数が集まり盛大なパーティーだった。
日本で新築の家を建てる前に神主さんに祝詞をあげてもらうかのように、
ここではギリシャ正教の神父がやって来て、オフィスの中で何やら聖書を読み始めた。
静粛な時にでも人の話声でうるさいギリシャ人達、 (話声が大きいのは中国もギリシャも変わらない!)ホント、ギリシャらしい・・・
話しながらでも皆が十字を切る姿をぼーっと眺めていた。

06.2011 094

肝心のオフィスは、濃い緑と紫を随所に入れ込んだも、暗くなったりクドイ感じにならないのは
白い壁やソファ、窓が多く採光がたくさんとれて、壁が全てガラスの様にクリアーだから
GMもマネージャー達の部屋も皆全てオープンになっている(プライバシーはほぼゼロ)

06.2011 106

モダンで斬新なアイデアに『ブティックホテルみたい!!』の私のコメントに”その表現Nice!使わせてもらうわ!”と皆喜んでくれた・・・
ギリシャ版のVOGUEも近日撮影にくるらしい。

06.2011 107

トイレだってホテルのトイレみたい!
ここがオフィスだなんて、ホント素敵・・・・
何より、此処で働くスタッフ全員が喜んでいて、仕事に行くのも楽しいみたい

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK