sponsored Link

ミロス島のクリスタル ブルーの海をクルーズ!②ポリアイゴス島のブルーベイへ

ミロス島のクリスタル ブルーの海をクルーズ!②ポリアイゴス島のブルーベイへ

クレフティコで海賊の隠れ家探検を満喫した後は、島の南部を東へと進路を取る。まだ波は立つものの朝はよりは大分風が収まって、船も安定している。

道中いろんなビーチが見えてくるのだけど、丁度真ん中辺りにある小さなビーチがTsigradoビーチ。

ミロス島では有名なビーチだけど、秘境感満載のビーチ。途中までオフロードの道を車で来ることは出来るけど、下に降りるのには梯子のみ。勿論パラソルなんかないので長居は出来ない。

石灰の真っ白い砂浜にクリスタルクリアーな海が広がるのはParalia Paleochori。

昔のビー玉が入ったラムネのボトル見たいな色している。

次から次へと見えてくる船でしかアクセス出来ないとっておきのビーチたち。

これだからクルージングは面白い。(船が揺れなければ!)

アンカーを下ろして、しばしスイミングタイム。

海から上がったら、遅めのランチが待っていた。

ランチの後は、一路北上して、無人島のポリアイゴス島へ向かう。

クルーズが始まった頃は風もあって、波がかなり立っていたので無理かも知れないと言っていたけれど、皆の日頃の行いが良いのか、波も収まりターコイズブルーで人気のブルーベイへ

遠くから見るとそんなでもないと思っていたけど、近くに来ると岩肌とのコントラストがスゴイ!

海の色が青い蛍光ペンの色していた。

陽も西に傾いて来ていたので、太陽の光が十分ではなくて少し残念ではあるけど、

吸いこまれそう・・・・・

このポリアイゴス島(Polyaigos)はギリシャ語で沢山の山羊と言う意味。

パンフレットで見た海はこんな色していた。きっと真っ昼間だったら、こんな絵が撮れたのかもしれない・・・・

青い蛍光ペン色の海を満喫した後、船は終点のポロニアへ向かう。

この教会の鐘楼がある島はプライヴェートアイランドだそうだ。

今回の船はこれと同じ様なヨット↑。

無事ポロニアの港に付き、8時間程のクルージング終了。最初は強風でどうなる事と思っていたけど、美しいミロス島の海岸線を見れた。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK