sponsored Link

セントーサ島の食のニュースポットThe Mess Hall、Hidemasaでシャトーブリアン

The Mess Hallは今回滞在したThe Barracks Hotelと同じく、1904年に軍人用のレクリエーション クラブとして建てられた建物。メス ホールと名付けられてセントーサ島のニュースポットとなっている。

天気の良い日は青い空にコロニアルな白い建物が素敵

斜め向かいには緑のコートヤードを挟んでバラックス ホテル。

いにしえの建物はフレンチビストロやインディアン等々各種のレストランが多数集まる場所へと生まれ変わっている。

ホテルの滞在者でなくても誰でも入れる場所なので、周辺のお散歩するだけでも気持ち良いと思う。ヘリテイジツリーなんかもみつけられる。

夕暮れ時、明かりが灯り始める頃も又ロマンティック。

そうそう、ミルクレープで有名なLady Mもオープンするよう。木々に囲まれた空間はケーキの美味しさ倍増でしょうね!オープンしたら来て見たい!

離れにあるモダンアジアンのQuentin’s Bar and Restaurantでアペリティフをした。

そして、予約をいれておいた和食のHidemasa By Hide Yamamoto。

鉄板焼きのセットメニューはサラダから始まり、3種の先付、茶わん蒸し。鉄板焼きからエビとホタテの貝柱。

そして、お待ちかねのシャトーブリアン。口の中でとろけるからあっという間になくなった!

閉めにミニラーメンかガーリックライスが付いてくるのだけど、Benoitがミニラーメン、私はライスをお願いしていたけど、流石にお腹が一杯になりそうだったので、お肉の前にライスは作らない様にお願いした。

久しぶりに食べる鉄板焼は美味しかったけれど、カウンター席ではなかったのが残念。鉄板焼はやはり鉄板を囲むカウンターに座って、シェフの手さばきを見るのもご馳走の一部だと思うのです。

まだ新しいので、テナントが決まっていない部分もあるみたいだけど、またお茶したりご飯を食べに来ようと思う・・・・

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK