sponsored Link

フラトンホテルでピンクリボンなアフタヌーンティー

フラトンホテルでピンクリボンなアフタヌーンティー

毎年10月は世界的な乳がん啓発月間。色んな都市でモニュメントがピンク色にライトアップされたりするので、あ~今年もそんな季節かと思うのと同時に検診にいかないと・・・と思わせてくれる時でもある。

そんなピンクリボン月間に乗じてフラトンホテル&フラトンベイホテルではピンク色のアフタヌーンティーが10月31日まであるという事で、ポチッと予約をいれておいた。

1928年に建てられた重厚な新古典主義の建物はかつてはシンガポールの郵便局、交換室と交換参照図書館、有名なシンガポールクラブがあった場所。

ホテルのサイトには1世紀近くの間、シンガポールの歴史の中で極めて重要な役割を果たしてきましたとある。2015年12月に国定記念物に指定されたそう。

そんな歴史的建造物を改装したホテルのコートヤードでのアフタヌーンティーは着席するなり、ウエルカムドリンクが運ばれてきた。これでマスクは外せるので嬉しいサービス。

期間限定のピンクアフタヌーンティーは各セットの価格から5ドルが乳がんの財団に寄付されると言うのも高ポイント!美味しく食べて、ほんの少しでも何かのお手伝いが出来るのだから・・・・

で、運ばれてきた3段トレイ。ここはフラトンベイと同じく、セイボリーが食べ放題!私はシャンパンを1杯だけ、Benoitはロゼワインをフリーフローで。お茶はTWG.迷っているとシルバームーンを勧められたけど、家にもあるので、飲んだ事のないアルフォンソ(マンゴーの風味)をオーダー。

一つ一つが小さいので、お代わりも食べられるかも~と一瞬思うけど、お代わりしたら結局全部食べられれないのは分かっているので、お代わりなしで!でも目の前の旦那は勧められるままに食べて飲んでいた。(苦笑

誕生日やアニバーサリーの方が多かったようで、あちこちでハッピーバースデーの歌が歌われていた午後のひととき。

ストロベリーのマカロンにピンクリボン♪。私自身は昨年受けて来たので、来年にでも乳がんの検査は受けたいなぁ~と思っている。

昔のポストが残るバー。今はクローズされている様。

フラトンのお部屋にもバスローブを着たテディーベアが飾ってあるけど、昔のポストマンの衣装を着たテディベアもブティックで販売していた。

コートヤードにはBenoitの身長(182cm)とあまり変わらないサイズのテディーベアーがちゃんとマスクを付けてた!!

歴史的建造物だけど、ホテル的にはやはりフラトン ベイの方が好きだな~

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK