sponsored Link

タマリンドヒルでアフタヌーンティー@ヴィラ サマディシンガポール

タマリンドヒルでアフタヌーンティー@ヴィラ サマディシンガポール

シンガポールのラブラドール自然保護区の中にある隠家的ホテルのヴィラ サマディ。こちらのヴィラの中にはバーしかなく、食事は少し離れた所にある同じコロニアルなバンガロウ、タマリンドヒルでする事になる。

ヴィラサマディ滞在者はこの秘密の通路(秘密でも何でもないけど、ゲスト専用)を通ってタマリンドヒルまで!

鬱蒼と茂るジャングルの中を通って行くのです!

と言っても、3分程の距離なのであっという間!

タマリンドヒルはタイレストランなので、外からレストランに食事に来る人達はこの看板が目印になる。

白いバンガロウの扉を開けると、素敵空間が待っているのです!

今どきは検温チェックもあるので、白い胡蝶蘭の鉢植えがある場所がチェックポイント。

入ってすぐがサロンになっていて、ラスティックだけどエレガントな雰囲気。アフタヌーンティーはこのサロンで頂く事になる。

白い胡蝶蘭の奥が写真映えするバーカウンター。壁に沿ってハイテーブル&チェアーも規則的に並んでいて、

奥にはブッタの置物が対になって置かれていて、

後ろから正面エントランスの方を見てもスキなく綺麗にされているのが高ポイント。

私達が席に着いたソファ

こちらの3段トレイはチーズプレートに使われる様な石で出来ていて、とても重い!

お茶の種類もホテルのアフタヌーンティーと違ってそんなに種類はないけれど、私はプーアル茶。

タイレストランなので、アフタヌーンティーもタイバージョンで、セイボリーは生春巻きやチリソースの効いたエビなど、スィーツもマンゴープリンなどエキゾチックなものばかり。

美味しくて二人共完食!

翌日はこちらでの席でアペイティフ。ヴィラ サマディのゲストは皆アペイティフのサービスが付いているのです。

私はライチマティーニなんか飲んで見た。

後からスタッフから聞いたのだけど、コチラの家具やインテリアはタイのチェンマイから全て運んだのそうだ。

このタマリンドヒルはホテルと同じくマレーシアにもクアラルンプールを始め3軒展開している。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK