sponsored Link

ラサ ~チベットの聖なる都、ラサの象徴ポタラ宮~

青い空に映える白と赤のダライ・タマの宮殿、ポタラ宮

CIMG8045

ギリシャで普通に見れた青い空は中国では見る事ができないから(ここも中国なんだけど)感動!

CIMG8029

CIMG8035

宮の周りには、早朝からマニ車を片手にコルラ(=巡礼)する人がたくさん!

CIMG8041

ラサには4つの巡礼路があって、後から記事にするジョカン寺内を巡る『ナンコル』、ジョカン寺の周りを巡る『バルコル』、
ポタラ宮の周りを巡る、『せーコル』、ラサの街全体を大きく巡る『リンコル』
末尾のコル=回るの意味。
右側に対象物を置き、時計回りに回るのがチベットの作法!

CIMG8047
ポタラ宮の正面で帽子を取り、経文を唱える老婆

私達も最終日の朝に”セーコル”でコルラしてみた。
1周約30分位だろうか・・・・、写真撮ったりでもっとかかったかもしれない・・・・

CIMG8069

正面以外にはぐるりとマニ車が壁伝いにあって、ひとつひとつ回していく信者も・・・・

DSC_0054

DSC_0058

DSC_0069

もちろん中にも入った!
高さ115mの山にあるポタラ宮への階段をゆっくり登って行く

CIMG6952

上からはラサの街が見えるのだけど、西側は中国化モダン化されて、
びっしりと家が並んでいる

CIMG6971

夏の観光シーズンは入場制限もあり宮内は1時間しかいられない

CIMG6966
ここからポタラ宮内撮影禁止。

500段ぐらい登っただろうか・・・・昨晩の薬がまだ効いているのか、体調も万全!
でも登りながら話をすると、かなり息が荒くなる。

CIMG6944

チベット人のチャン氏だって、説明するのに息が切れている。
目には見えないけど、酸素が薄いのだと実感する・・・・

CIMG6973

迷路の様な内部は1000以上の部屋があると言われている
もちろん、時間制限もあるし決められたコースをガイドと共に進んでいった。

CIMG6978

太陽がとても近い

CIMG8084

ポタラと言う名はサンスクリット語のポタラカからで、=観音菩薩が住むと伝えられる山の名前

CIMG8083

目の前にすると圧倒されるこの宮の主はインドに亡命したまま・・・・

CIMG8063

前に”中国であって中国でない”と書いたけど、
これには、私なりに意味があって
ここでチベットの歴史とか触れると、又色々中国の規制があると思うので、
書かない方がいいのかと思う・・・・・・

CIMG8080

CIMG7451

夜は正面の広場から、さらに白く浮かびあがって妖艶なポタラ宮が見れる

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK