sponsored Link

Cote D’or ~ブルゴーニュのワイン街道をドライブ~

ボルドーと並んで最高と呼ばれるワインを作る畑があるブルゴーニュ
マスタードの街ディジョンからマコンまでの南北に延びるRute de Grand Cru(特級街道)

provence-06-2014-051

両側には丘陵斜面に並ぶブドウ畑

provence-06-2014-184

ブルゴーニュ地方はシトー派修道院の本拠地でもあった場所で
今でもロマネスク様式の建物や教会が多く残っている。

provence-06-2014-183

神に捧げる為に酒質を磨きに磨き抜いた極上ワイン

provence-06-2014-185

中世の時代からヨーロッパにその名が知られていたワインはほとんどがこのCote D’orで生まれるのだそう

provence-06-2014-060

私達もディジョンからボーヌの辺りまで青空の下
写真を撮りながらのんびりドライブ

provence-06-2014-179

結婚式でもあるのか、綺麗に飾られた馬車とすれ違った。
カメラを向けると手を振ってくれた・・・

provence-06-2014-190

Cote D’or地区の北西には辛口白ワインで有名なシャブリ、南にはボジョレー地区

provence-06-2014-196

何度が足を運んでいるボルドーのサンテ・ミリオンの風景とは又違ったぶどう畑の風景
青々した緑の葉が茂り
ぶどうの実もこれから太陽の光を吸収しながら大きくなっていく・・・・

provence-06-2014-204

Domaine de la Romanee-conti
そして、”ワインの王様”のロマネ・コンティのドメーヌ
見学は不可なので門だけでも拝みに・・・・

provence-06-2014-209

ローマ時代まで歴史が遡る小さなVosne Romanee村にある畑には柵がない・・・・
ローマ人が統治とブドウ栽培への感謝からこの村の極上の畑に「ロマネ」という名を送ったのだそう。

10世紀初頭以来、サン ヴィヴァン修道院が所有、
18世紀にはルイ14世が持病の治療薬として毎日スプーン数杯のロマネ コンティを飲んでいたとか・・・

国王ルイ15世の寵愛を受けていたポンパドゥール夫人と争奪戦の末にコンティ公爵がこの畑をゲット!
フランス革命により畑が没収されたけど、ロマネ コンティという名前だけは残り、今では超高級ワインとして世に出回っている

それでも1.8ヘクタールの畑からの生産量は平均して6000本ぐらいなんだとか。
ボーヌの街のワインショップででロマネ・コンティが置いてあるか尋ねたら、
1年に1本しか店には仕入れる事が出来なくて、
欲しい人が集まって競売にするとか、その値段だいたい10.000euro(1本140万円位)

provence-06-2014-208

ベネディクト会の修道士ドン・ペリニヨンにちなんで名付けられたドン・ペリニヨンだってそうだし、
ベルギーの修道院だって美味しいトラピストビールを作る。
イタリアのトスカーナを旅しても同様に感じた事は
祈りある所に美酒ありきなのだ!

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK