sponsored Link

ゴージャス!ランバークパレスで過ごす極上ヴァカンス

サワイマドプルで泊まっていたアマニカスでゆっくりと遅めの朝食を取ってから車でジャイプルへ
ピンクシティー、ジャイプルでのホテルはTAJのランバーグ パレス

jaipur

薔薇の花びらのシャワーを受けながら

jaipur

マハラジャ用の日傘の下、ロビーへと向かう
この宮殿はマハラジャのハンティングのロッジとして建てられたもの

優雅なロビーで

jaipur

ピンクのウエルカムドリンクを飲みながらチェックイン

jaipur

ロビーから続く中庭

jaipur

大理石の柱が続く回廊を抜けると

jaipur

広大な庭に出るのだ

jaipur

正面には城塞を望む素敵なロケーション

jaipur

毎日夕方になると、馬車が停まっていて、宿泊者であれば誰でも乗せて宮殿の周りを1周してくれる
だから私もマハラーニ気分で馬車に乗せてもらった! 笑

jaipur

ホテルにチェックインした日は観光などせず、ずーっとホテルにお籠り

jaipur

ランチの代わりにアフタヌーンティー
(食べきれなかったので、残ったケーキ類はお部屋に運んでもらって冷蔵庫へ、翌日に食べた!)

jaipur

オールデイ・ダイニングの”ラージプート・ルーム”は、かつてボールルームだった場所
毎朝、ゆっくり頂くここでの朝食は優雅そのもの

jaipur

世界で最も美しい女性に選ばれたこともあるマハラーニの肖像画がかざってある
ハンティングロッジからマハラーニと待女達の住居になり
その後1957年からインド初の宮殿ホテルとしてオープンした

jaipur

食器やカトラリーがピッカピカのインド料理の”スヴァルナ・マハル”

jaipur

屋内プールに

jaipur

屋外のプール、ここには一人のマダムと私達カップルだけだった

jaipur

スパも勿論充実している、
インドと言えば、アーユルヴェーダ、スパでアーユルヴェーダと言えば、ゴマ油を額に垂らすという図式を勝手にもっていた私。
デリーのザ・ロディでもアマニカスでも、ここでも「あの額に油を垂らしてもらう施術を受けたいんだけど・・・」と聞くと
扱っていないと言われ、インドなのに何で?ととても疑問だった私

ある晩、GM主催のアペリティフパーティーに招待された夜、
スパのマネージャーと話す機会があってそのことを訪ねてみたら、

アーユルヴェーダは古代インドから伝えられているインド伝承医学で、
1回で完結するようなものではなくて、幾つものセッションがあり
シローダラ(額に油を垂らす)は、そのうちの一つにしかすぎないんだそう・・・・・
だから、本当にアーユルヴェーダを受けたいのであれば、
長く滞在してそれ専門の所に行かないとダメなんだそう!

アーユルヴェーダがインドの伝承医学であることは分かっていたけど、
ツーリストが2,3日でやってきて、簡単に受けられるものじゃないのね~

jaipur

マハラジャがポロを楽しんだと言う広い庭には、沢山の孔雀が放し飼いになっている

jaipur

陽が落ちて明かりが灯り始めた宮殿

jaipur

jaipur

何処からともなく音楽が流れだすと庭先では舞を舞い始める・・・・

jaipur

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK