sponsored Link

必見!ラメゴのノッサ・セニョーラ・ドス・レメディオス教会

ドウロ渓谷で滞在していたシックスセンシズドウロバレーからポルトの街へと戻る前に寄りたかったのがラメゴのノッサ・セニョーラ・ドス・レメディオス教会。広場から教会へと続く階段が何とも美しい写真をフランス語の雑誌で見て、絶対に行ってみたいと思っていた場所。

この広場も縦に長く続いているので、水盤に映る美しい教会を見ながら広場の反対側から教会側へと歩いてくるのが良いと思う。

ラメゴの街にはお城もロマネスク様式の大聖堂もあるけど、必見は絶対この広場から見る教会。

もちろん上まで階段を上って行く事も出来るけど、その段数確か700段近く。

なので、丘の上まで車で上がってしまう人が殆どだと思う。車で上がると教会の裏に駐車場があるのです。

ジグザグに降りて行くと、アズレージョが貼られた踊り場に出る。全て違う絵柄なので、それを見ながら降りて行くのも楽しいかも・・・・

広場に立つ聖人?さん達のポースが何となくコミカル。

盆踊りでも踊っている様な感じ?

噴水の吹き出し口は何ともコメントしがたいけれど何か意味があるのかな?確かローマでも口からオェ~って出てる噴水を見た気がする。でも太陽のマークがあるお蔭様なのか青空の下では教会や周りの緑がより一層美しく見えた。

踊り場から見る広場とその先にあるラメゴの街。広場にある4つの水盤も一つ一つ違う像が立っている。

上手に撮れなかったけれど、街の先にはブドウ畑が広がっていて絶景のビューポイントなのです。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK