sponsored Link

残念だったヴィーガン アフタヌーンティー@シャングリラホテル パリ

残念だったヴィーガン アフタヌーンティー@シャングリラホテル パリ

フランスでは5つ星よりもさらに格上の最高級ホテル”パラス”の称号を獲得している最高級ランクのホテルがあって、そのほとんどがパリにある。丁度シャングリラホテル パリに滞在中にルフィガロにこんな記事が掲載されていた。

Ritzってまだパラスではなかったのね!改装後にパラスの称号獲得するものと思っていたのに・・・・

それにブルガリやシャバルブランもオープン予定のようで、両方とも100室以下の客室数なので小さいけれど、とびっきりラグジュアリーなホテルになるんでしょうね・・・・私自身ヨーロッパから離れてしまったけれど少し楽しみ!

そんなパラスの称号を獲得したシャングリラホテル パリではヴィーガン アフタヌーンティーが頂けると聞いて、Benoitも私も全くもってヴィーガンではないけれど、どんなものかと興味があって予約をいれておいた。

会場は朝食の会場と同じLA BAUHINIA。

ヴィーガンなので卵や牛乳など動物性食品は一切不使用。ナチュラル素材だけで作られていて、もちろんグルテンフリー。

ヴィーガンと聞けばヘルシーだと誰もがイメージすると思うのだけど、運ばれてきた3段トレーを見てもヘルシーそうには全く見えないのが不思議・・・・・

フィグ、イチゴ、チョコのプチガトー。下段のロールサンドにプチガトーまではミニサイズで良くあるホテルのアフタヌーンティーなんだけど、

スコーンはかなり大きくどっしりとしていて、

ヘーゼルナッツのペーストが入ったブリオッシュ、チョコレートブラウニー、チョコクッキーどれもサイズが大きくて甘すぎた。

ロンドンなどでアフタヌーティーをして食べきれない時は持ち帰り用に箱に詰めてもらうのだけど、こちらのは持ち帰る事もしなかったほど残念な味だった。

ヴィーガンが流行っているから着眼点は良いと思うけれど、もう少し味とプレゼンテーションを考えた方が良いんではないかと思う。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK