sponsored Link

Rhodos ~ロードス島で聖ヨハネ騎士団の世界に触れる~

ロドス島に着いたのは空が白み始めた早朝だった。

ホテルにスーツケースを預け、旧市街へと向かう途中で
スレイマンモスクと時計台のシルエットが見えた・・・朝早くとも、心踊る

アンポワーズ門を抜け、VC(イポトン=ギリシャ語で騎士)へ
街灯がまだ灯されていて誰もいない通りをネコが横切った・・・

イポトン通りの建物の上にはその国の紋章が残っていた(修復された物だろうけど)

イギリス・フランス・ドイツ・スペイン・イタリア・プロヴァンス・オーヴェルニュの7つの違う言語の騎士団の館が並んでいる

 

朝・昼・晩とこの辺りを歩いたけど、いつも静かだった・・・

青空に映える館は美しい

聖ヨハネ騎士団の歴代の団長が暮らした場所

第1次世界大戦後にロドス島を支配したイタリア人が修復し、
ムッソリーニが別荘として使った事もあるのだそう・・・

この辺りを騎士達が行き交ったと思うと感慨深い・・・

騎士・騎士の従者・医師の3段階に分かれて組織されていた聖ヨハネ騎士団

 

 

床のモザイクは美しいものばかり、

建物の中ではどんな会話がなされたのだろう???

今考古学博物館になっている建物は1440年~1489年にかけて騎士団によって建てられた病院。

 

ここにも床のモザイクが残っている

 

裏庭にはトルコ式の家が建っていた

エルサレムで巡礼者の看護の為に建てられた聖ヨハネ病院の維持・発展がはじまりだった団体は
イスラム軍に追われ、キプロス→ロドス島へ、そしてここで支配するまでになる。

慈善目的として発足した団体は第1次十字軍の頃になると軍事的な宗教騎士団になった。

その後又オスマントルコに追われ、僅かに残った180人の騎士団は放浪し結局マルタ島に流れ着き、
ナポレオンが占領するまでイスラム軍と戦った。
1798年マルタ島を追われた後も『国土なき国家』として騎士団は残っているのだそう。

ロドス島の旧市街、中世の街並は、ほとんどが騎士団が残していったもの
私達も街を後にする時、来た時と同じようにイポトン通りを通った。
来た時同様、帰りもネコに出合った。
なんだか、ふっと笑顔になった・・・・

 

 
ランキングに参加しています、ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK