sponsored Link

情熱の国、スペインのマドリッドで過ごすヴァレンタインデーとカーニバル!

出張があったBenoitに同行してヴァレンタインの週末をマドリッドで一緒に過ごしてきた。
日曜の午後のフライトで私はブリュッセルに戻りBenoitはそのままドュバイへ・・・・
空港で別れて金曜までは束の間のシングルライフ!

madrid

情熱の国スペインのヴァレンタイン
サラマンカ地区のショッピングエリア、セラーノ通りでもショーウインドーにはハートマークがあちこちに

madrid

カップルで写真を撮ってスクリーンに映す”オラ・アモール”なんて言うイベントも・・・・
通りを歩いていても、前を歩くカップルが時折”チュッ”としたり、
Love is in the air!!

madrid

前日まで全然知らなかったのだけど、
丁度14日からカーニバルが始まるらしく

toledo

初日のナイトパレードを見に
すでにスゴイ人・人・人

madrid

目貫通りは通行止めになり
アルカラ門をくぐりグラン・ビアへとパレードしていく
今年はドンキホーテがテーマ

madrid

パレード見学も程々にして近くのレストラン”El 31”へ

madrid

マドリッドでホテルにチェックイン後すぐにレストランの手配をしたのだけど、
14日は星付きのレストランも泊まっていたホテルのレストランもすべて満席!
で、コンシェルジュにお願いして、どこか良さそうなレストランの予約をお願いしておいた。
アルカラ門からすぐのレストラン、
ここも私たちが帰る頃は全てテーブルは埋まっていた。

スペインもギリシャと同じく夕食の時間が遅い
私達が予約したのが20:30(それでもちょっと遅いと思うのだけど・・・)
もちろん一番のり!
他の客が入ってくるのは21:30頃がピーク

私達の隣のテーブルには老夫婦が座っていた
75歳前後だろうか、お爺ちゃんはちゃんとネクタイをしめていた。
彼らの様子を見ていたBenoitは
「いいよね~定年して退職しても、あーやって時折ネクタイして食事にいくのって、」
「僕も年をとってもちゃんとネクタイして食事に行きたい」と・・・・

僕にとっては毎日がヴァレンタインデーと歌の一小節の様な事を2月14日の度に言うBenoit
ロマンティックとかじゃなくて、”店の戦略に踊らされるな!”と言う意味が隠されている  (笑

 

 

 
快適な旅づくりなら、Booking.com

旅行の前に口コミチェック!

ランキングに参加しています、ポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 女性トラベラーへ

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK