sponsored Link

カタール航空ビジネスクラス、ドーハ経由でブリュッセル~羽田へ

乗り慣れて何処になにがあるのか分かっているので安心のカタール航空の飛行機内。

ブリュッセルードーハ間は最近までドリームライナーだったけど、いつしかA350に変わっていた。
1,2,1の配列なのでBenoitと一緒のフライトの時は真ん中のシートを指定していたけれど、
最近は二人一緒でも窓側の席を縦に並んで座る様にしている。
窓側席の方がプライヴェート感がある様な感じがして好きなのだ!

先↓にも書いたようにBRIC’Sのアメニティーポーチが欲しかったピンク色だったので、

(パステルカラーがキュート!カタール航空ビジネスクラスBRIC’Sのアメニティーポーチ)
嬉しくて離陸前のドリンクも合わせてロゼシャンなんかにしたりして・・・・(⋈◍>◡<◍)。✧♡

昨年の日本へのフライトはANAだったなぁ~
食事は美味しかったけど、シート等色々全部ひっくるめてもやはりカタールの方が好きです!

お好きな時間にお好きなものをの、アラカルトメニュー
15:40発のフライト、ランチも軽くしか食べてないのでスターターからしっかり食べます。
クラシックアラビックメゼはどのフライトにもあるカタールの看板メニュー。

アミューズにスモークサーモン

アミューズブシュがサーモンとは知らず、
スターターにスモークサーモン&豆とポテトのサラダを頼んでいたから重なってしまった・・・・

メインにアラビック スパイス チキンを頼んだら、これは結構スパイシーだった!

デザートにアイスクリーム。でもカチンコチンに凍っていてすぐには食べられなかったよ! (苦笑
以前はマカロンで有名なラデュレのケーキがあったのに、メニューからなくなってしまった・・・・(残念

離陸後に配られるグレーのパジャマはいつもトップスだけ着替えている。
長距離フライトの時はいつも楽ちんなボトムなので・・・・・

なるべく寝ない様にして映画を観てても、ウトウトしてしまうのはしょうがない!
起きてお手洗いに立ったりしてると、CAさんが何かお飲み物でもお持ちしましょうか?と
さりげなく気を使ってくれる。
そう言う気配りもカタール航空が好きな理由かもしれない。

ドーハに着く1時間前ぐらいに何か食べようか迷って、結局チャイだけにしておいた。
そうそう15分無料のwifiに繋げてみた。やっぱりサクサクっとはいかないみたいね・・・・・

ドーハに着いたのは日付が変わる5分前、成田便だとトランジットはいつも3時間ぐらいなんだけど、
今回は初の羽田便、そして今回羽田へのトランジットは7時間。

そして8時間以上のトランジットだと条件が揃えばカタール航空からトランジットホテルのオファーがあるらしいのだけど、
1時間足りない7時間のトランジット。深夜から早朝にかけて混雑する中東のハブ空港。
いくら広いと言ってもラウンジで仮眠するのも限度があるので、今回は空港内のホテルを予約してい置いた。
空港内のトランジットホテルに付いては又改めて記事にしたいと思う。

2,3時間空港内のホテルの部屋で寝たら、ドーハ発07:00の羽田便に乗り込む。
アメニティーポーチは朝日と同じ黄色のポーチ。

日本行きには日本語メニュー
カタールの朝便には必ずあるスムージー
これが結構美味しいのです!

そしてちゃんと和食メニューもアリ!

離陸してすぐカタールのウエストベイに埋め立てて作った人工アイランド、ザ・パールが眼下に見えた。

すごーいガスってる・・・・・

昨日の夜も食べずにいたので、朝はしっかり和食懐石を頂きます!
羽田に着くのは夜11時ごろ、Benoitは軽食の握り寿司を頼んでいたけど、
羽田に着いたらコンビニのおにぎりの方が美味しいだろうと何も頼まなかった。
途中でコーヒーやクッキーなども食べているし、
飛行機の中に何もしないでずーっといるので、これぐらいで十分なのです。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK