sponsored Link

ホテル ブリストル ワルシャワで朝ごはん&カフェ

ホテル ブリストル ワルシャワでの朝食はレストランMarconiにて

土曜の朝は賑わっていたのに、日曜の朝は私達の他に3,4組程しかいなくてシーンと静まり返っていた。同じ時間帯なのに・・・・・

まぁ~ 朝は静かな方が良いので、結構なことなんだけど・・・・

大きなハム

ポーリッシュ陶器に入ったシリアル類

ホテルでの朝ごはんは何処で食べても大体同じものしか食べない私、ほんと写真映えとかしない朝ごはんだよ・・・・

日曜の朝は復活祭の日曜日という事もあって、ポーランドのイースターの時に食べるケーキがあった。季節ものなので、ここは食べておかないと!でもあまり美味しくないのね・・・・残念。

ブリストル ワルシャワにはサッチャー英元首相の写真が飾られたワインバーもあって、天気の良かった滞在中は通り沿いのテラス席が人気だった。

歩き疲れた後にはロゼを飲んだり、

プースカフェでBenoitがウィスキーを飲んでいる傍らで私はコーヒーを飲んだりした。

Column Barではアフタヌーンティーが頂けるという事で、帰りのフライトに合わせて、ランチ代わりに午後茶してから帰ろうと思っていたら、今日はサンデーブランチの会場としても使うからアフタヌーンティーはないとの返事だった。

なので時間つぶしにワルシャワの歩いていない場所をブラブラ。

ユダヤ人ゲットーを仕切る壁だったのかなぁ?

こうやって、ゲットーの壁があった事を示す文字がこの街には残っている。

ホテルに戻って、空港へ行く前に寄ったのはCafé Bristol。

Art Decoスタイルなカフェの定員さんは昔のメイドさんの様なコスチューム。

アップルパイとBenoitはミルフィーユ。

ワルシャワの街とショパン空港はとても近くて、車で30分程。チェックアウト時に車の予約をしておいたので、時間になったら乗り込むだけ。プライスもとてもリーズナブルなのです。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK