Voyage ~世界のホテルと街歩き~

歴史あるヨーロッパの街や片田舎、摩天楼煌めくアジアの大都会そして果てしなく続く砂漠やアフリカの大自然など旅した国は55ヶ国

sponsored Link

RECENT ARTICLES

ガウディ未完のコロニア グエル教会

ガウディ未完のコロニア グエル教会

1週間のバルセロナ滞在、Benoitは2泊して先に帰ってしまったのでほぼ一人旅。Benoitと一緒ならばレンタカーでもして行ける郊外も、一人だし車の運転出来ないとなれば、現地の日帰りツアーに参加するしかない!なので、予め現地発着の英語ツアーへ申し込みをいれていた。 バルセロナから北へ55kmほどの所にあるモンセラートと...
Chi SPA @シャングリラ ホテル シンガポール

Chi SPA @シャングリラ ホテル シンガポール

2020年のクリスマスに滞在していたシャングリラホテルシンガポール。ヴァレーウイングでのパッケージには二人分、Chi SPAでの90分のマッサージが含まれていたので、1ヶ月前位に予約を入れておいたのです。 シャングリラと言えば、気スパ! 予約の時間はチェックアウト後の2時だったので、お部屋を1時半まで使わせてもらえるよ...
シャングリラ ホテル シンガポールでシーフード&ルームダイニング

シャングリラ ホテル シンガポールでシーフード&ルームダイニング

2020年のクリスマスを過ごしたシンガポールのシャングリラ、ヴァレーウイング。イブの日はきっと混むだろうから、予め予約を入れておいた方がいいと、スパと一緒に予約を入れていたはずなのに、スパの時間は覚えていても、イブの日に予約を入れたはずのシャングリラと言えばの”香宮”が何時だったか覚えていない。コンファームのメールもス...
シンガポールのシャングリラ ホテル内にあるダッチ パビリオン

シンガポールのシャングリラ ホテル内にあるダッチ パビリオン

シンガポールのシャングリラ ホテル内の奥にひっそりとあるのがダッチパビリオンと呼ばれる離れ。 ここの宿泊者でもあまり行かない様な場所だと思うけど、好奇心が先に立って中を覗いてみた。 ココにホテルが建つ前はオレンジグローブ ロードのホーランズ スクールとして知られていた所だったのです。 このオランダ学校は、とあるオランダ...
シャングリラ シンガポール、ヴァレーウイングでのアフタヌーンティーとカナッペタイム

シャングリラ シンガポール、ヴァレーウイングでのアフタヌーンティーとカナッペタイム

シンガポールのシャングリラホテル、敷地内に3つある建物の内別途エントランスを設けているので、セキュリティーの上でも大統領級の要人も宿泊するヴァレーウイング。そのヴァレーウイングでは宿泊者全員が毎日3時からアフタヌーンティー、5時から7時までカナッペタイムを楽しむ事が出来る。 ロビーのラウンジやシャンパーンバー、サミット...
シャングリラ ホテル シンガポール、ヴァレーウイングのスイートルームに滞在

シャングリラ ホテル シンガポール、ヴァレーウイングのスイートルームに滞在

2020クリスマスを過ごしたシンガポールのシャングリラ、ヴァレーウイング。お部屋は80㎡程のワンベッドルーム スイート。 誰が言ったか、シンガポールの中のパリと呼ぶシャングリラのヴァレーウイングの廊下はそんな感じがしないでもない。 扉が2重になっているのも、フランスに行くと時折見かける。 中に入ると廊下と言うか、ちょっ...
シャングリラ ホテル シンガポール,ヴァレーウイングでの朝ごはん

シャングリラ ホテル シンガポール,ヴァレーウイングでの朝ごはん

シャングリラ ホテル シンガポール、ヴァレーウイングでの朝ごはんはサミットルームにて。 円形の部屋は半分がガラス張りなので、外の緑がシンガポールのシティリーゾートらしい雰囲気。 ここではサラダやフルーツ、パンなどはビュッフェスタイルだけども、自分では取らずにスタッフに食べたい物を取り分けてもらう様になる。 卵料理や中華...
シャングリラ ホテル シンガポールのヴァレーウイングにチェックイン♪

シャングリラ ホテル シンガポールのヴァレーウイングにチェックイン♪

2020年のウィンターヴァケーション、Covit-19の影響で現在住んでいるシンガポールからは何処にも行けないので、クリスマスはイブから2泊3日でシャングリラ ホテルにステイ。 世界の22か国に100以上のホテルを展開するシャングリラホテルはここシンガポールから始まって、敷地内に3つあるウィングの内、滞在していたヴァレ...
バルセロナのお洒落なフードコートEl Nacional

バルセロナのお洒落なフードコートEl Nacional

バルセロナで滞在していたホテル インディゴで、近くでサクッと食べられる良いところない?と聞いた所、グラシア通りにあるお洒落なフードコートをオススメされた。 ここは1870年にシアターとして建てられた歴史的な建造物で、そこから工場→倉庫→駐車場として利用されて、2014年にフードコートしてバルセロナの新たなスポットになっ...
石切り場と呼ばれたカサ ミアとカフェのEl Cafè de la Pedrera

石切り場と呼ばれたカサ ミアとカフェのEl Cafè de la Pedrera

バルセロナのメインストリート、グラシア通りはゴシック様式やモデニスモ建築が並ぶ華やかな通り、このすぐ近くに滞在していたので、バルセロナの1週間は毎日歩いた。 この通りには言わずと知れたガウディが手掛けた建物が2つあって、その一つが実業家のペレ ミラの邸宅として1906年から1910年にかけて建てられたたカサ ミラ。 直...
街歩きに便利!ホテル インディゴ バルセロナ プラーサ カタルーニャに滞在

街歩きに便利!ホテル インディゴ バルセロナ プラーサ カタルーニャに滞在

バルセロナでの滞在はホテル インディゴ バルセロナ プラーサ カタルーニャ。1週間の滞在の内、2泊はBenoitと一緒で、彼は先にシンガポールへと戻り、殆どを一人街歩きする事になるので、便利な場所が一番だった。 ホテルインディゴは過去に香港、パリ、ロンドンと使った事があるけれど、どこもスタッフがフレンドリーで狭い部屋な...
アントニ ガウディが建てた最初の家、カサ ヴィセンス

アントニ ガウディが建てた最初の家、カサ ヴィセンス

グランピアから南下してバルセロナのマリーナへと歩いた次の翌日には、反対の北へと歩いたバルセロナの街歩き。 グラシア通りの有名なカサ バトリョ、カサ ミラを過ぎ、エレガントなHotel Casa Fusterに差し掛かるとグラシア通りは少し狭くなるけれど、 ファサードの美しい建物が次々と出てくるから、首が上を向きっぱなし...
バルセロナの街歩き、グランピアからコロンブスの記念塔まで

バルセロナの街歩き、グランピアからコロンブスの記念塔まで

2020の最初で最後となっと旅行はシンガポールから欧州へ。ブリュッセルで諸手続き等野暮用を済ませ、そこからスペインはカタルーニャの州都バルセロナへと向かった2週間だった。 ヨーロッパに着いた3月初旬はイタリアで感染が多くなってきた頃ではあったけど、ブリュセッルではまだ片手で数えられる位の感染者数だった。ブリュセッルで1...
シンガポール川沿いのThe Warehouse Hotelで朝ごはん

シンガポール川沿いのThe Warehouse Hotelで朝ごはん

シンガポールのお洒落なデザインホテル、The Warehouse Hotelでの朝ごはんはホテルの内のレストランPoにて、 朝日が差し込む店内はシンプルながらグリーンが配置され、ラタンとアイアンのテーブルで、レストランと言うより、街中にあるカフェみたい。 コロナ禍の今、朝ごはんの時間を予め伝えておく必要があるホテルが殆...
初めて食べるポピアはThe Warehouse HotelのPóで

初めて食べるポピアはThe Warehouse HotelのPóで

シンガポールのリバーサイドホテルThe Warehouse Hotelで滞在中、楽しみにしていたレストランのPó。 レストランはバーの奥にあった。一応8時に予約はしていたけれど、バーでアペリティフを飲んでいると、もし良かったらサロンの方でテーブルの用意をするので、そちらで早めのディナーも出来ますよ!という嬉しい提案に、...
シンガポールの旧倉庫を改装したお洒落なバーでアペリティフ&プスカフェ

シンガポールの旧倉庫を改装したお洒落なバーでアペリティフ&プスカフェ

井上陽水のリヴァーサイドホテルのフレーズがリフレインして止まらなくなるシンガポール川沿いのお洒落ホテルThe Warehouse Hotel。 ここでのディナーの前にアペリティフをしよと前もってバーは予約しておいた。 チェックイン時に貰ったウエルカムドリンクのトークンが昔のお金みたい。 Benoitは赤ワイン、私はモク...
The Warehouse Hotel、リバー ビュー スイートのお部屋

The Warehouse Hotel、リバー ビュー スイートのお部屋

シンガポール川沿い、旧倉庫を改装したお洒落なデザインホテルでの滞在はリバー ビュー スイート。23室程の小さなホテルのお部屋はロフトタイプだったり色々ある中で、57㎡と一番広いお部屋。 お部屋を開けて、振り返ればバーンと天井が抜けていてとても広く感じる。 ベッド横のコーヒーテーブル。 キングサイズのベッドも小さく見える...
シンガポール川沿い旧倉庫のクールなデザインホテル、The Warehouse Hotelにチェックイン♪

シンガポール川沿い旧倉庫のクールなデザインホテル、The Warehouse Hotelにチェックイン♪

19世紀のシンガポール川は貿易港として栄えていて、川辺には倉庫が沢山並んでいたそうだ。 この時代はアヘンの取引が盛んで、ホテル前の大通りHavelock Roadは”Chiu Long Lo”若しくは”Spirits shed street”と呼ばれ多くの密造スピリッツが醸造されていたらしい。そして、この辺りのHave...
オテル デ パヴィで美味しい朝ごはん

オテル デ パヴィで美味しい朝ごはん

サンテミリオンで滞在したオテル デ パヴィ(旧オステラリー ドゥ プレザンス)での朝ごはん、泊まっていたのが本館から離れたブドウ畑の中のヴィラだったのだけど、ここまで届けてくれるという事では初日はお部屋で頂く事にした。 夏ならここで朝ごはん!となるところだけど、秋のサンテミリオン、朝晩はとても冷えるのです。ボルドー界隈...
サンテミリオンの夜

サンテミリオンの夜

昼間のブドウ畑に囲まれたサンテミリオンも良いけれど、夜のサンテミリオンもしっとりとしていて又良いと思う。 陽が落ちてくると暖かな蛍光灯の光が灯りだす。 このもわ~んとした明かりが石灰岩の古い建物にあうのです。 サンテミリオン最後の夜はボルドー界隈に住む家族と皆でご飯。 このお店もサンテミリオンに来るといつも来ていたお店...
楽しみにしていたミシュラン2☆のLa Table de Pavie@Hotel de Pavie

楽しみにしていたミシュラン2☆のLa Table de Pavie@Hotel de Pavie

滞在していたサンテミリオンのオテル デ パヴィ(旧オステルリー ドゥ プレザンス)で楽しみにしたいたのがデイナー。元ラガーマンのフィリップ エチェベスト氏からヤニック アレノ氏に変わっても2☆は変わらずでいるレストラン。 ブドウ畑の中の館に滞在していたので、ホテルの方にお迎えに来てもらった。5分程の距離だけど、夜は真っ...
サンテミリオンのブドウ園、シャトーパヴィ内散歩

サンテミリオンのブドウ園、シャトーパヴィ内散歩

サンテミリオンで滞在していたオテル デ パヴィ(旧オステラリー ドゥ プレザンス)。お部屋が本館から3km程離れたブドウ園の中にある館だったので、滞在中朝な夕なに敷地内を散歩していた。 何処も綺麗に整備されていて、エレガンス漂う敷地内。 高台から見る美しいブドウ畑 秋を象徴する花、コスモスがそよ風に揺られていた 単線の...
シャトー パヴィのぶどう畑の中にある館に滞在@オテル デ パヴィ(旧オステラリー ドゥ プレザンス)

シャトー パヴィのぶどう畑の中にある館に滞在@オテル デ パヴィ(旧オステラリー ドゥ プレザンス)

オテル デ パヴィ(旧オステラリー ドゥ プレザンス)でのお部屋はサンテミリオンの本館、本館へもアクセス可能な離れ、そしてホテルのオーナーでもあるシャトーパヴィのブドウ畑の中の館と3種類ある。 私達が予約を入れた時はすでに本館の方は満室で、このシャトーの中のお部屋しか空きがなかったものの、来て見ればこちらで良かったなぁ...
中世の面影を残すサンテミリオンにあるオテル デ パヴィにチェックイン♪

中世の面影を残すサンテミリオンにあるオテル デ パヴィにチェックイン♪

毎年の様に来ていたブドウ畑に囲まれた中世の面影を残す町サンテミリオン。ブリュッセルからシンガポールへと引っ越しするにあたって、暫くは来られなくなるからと、引っ越し前に遊びに来ていた。もう1年が経ってしまったけれど、サンテミリオンでのオテル デ パヴィの滞在記スタート! 毎年行われる9月第三日曜の収穫祭も終え、ブドウ畑の...
AWAY SPA@Wシンガポール セントーサ コーブ

AWAY SPA@Wシンガポール セントーサ コーブ

Wシンガポールをチェックアウト後に向かったのはAWAY SPA。お部屋の予約と同時に予約をいれていたのです。 ピンクがフューチャーされたお部屋と違って、ライトグリーンの地下。 12時に部屋をチェックアウト、1時にマッサージの予約、それまでにジャグジーやサウナでゆっくりしようと決めていた。 女性用の更衣室やジャグジーには...
Wシンガポール、スイートルームのプランジプールと朝ごはん

Wシンガポール、スイートルームのプランジプールと朝ごはん

セントーサ島にあるWシンガポールでのステイケーション。今回は私一人で先にチェックインをしていて、後から駆け付けたBenoitがお部屋に入るなり、あれ?コーナールームじゃないの???って。部屋のチョイスとか全て彼に任せていたので、プールが付いているぐらいしか認識のなかった私はすでに荷もほどいて、まったりとしていた。 お部...
Wシンガポール セントーサ コーブのファンタスティック スイートのお部屋に滞在

Wシンガポール セントーサ コーブのファンタスティック スイートのお部屋に滞在

2泊3日のステイケーション@Wシンガポール、滞在していたお部屋は75㎡のファンタスティック スイート。離れの部屋以外でお部屋にプールが付くのはこのカテゴリーからで、その上にはWowスイート、Extreme Wowスイートがある。 お部屋の名前だけ見てるとファービュラスにマーヴェラス等々、叶姉妹か!とツッコミたくなる名前...
W シンガポール セントーサ コーヴにチェックイン

W シンガポール セントーサ コーヴにチェックイン

シンガポールのセントーサ島で2泊3日のステイケーション。今回はセントーサ島の住宅街であるセントーサコーブにあるWホテル。 クルーズボートやカタマランヨットが並ぶマリーナは私達夫婦にとってはとてもファミリアルな風景で、マリーナ沿いのグリークレストランでランチをした時に気を良くして、全く好みのホテルではなかったけれど、その...
プールサイドで朝ごはん@ザ バッラクス ホテル セントーサ

プールサイドで朝ごはん@ザ バッラクス ホテル セントーサ

セントーサ島のバラックスホテル、朝ごはんはThe living roomでも頂けるけど、折角お部屋のテラスにダイニングテーブルがあるのだもの、そちらでゆっくり食べたい。 と、思っていたら初日は夜中に大雨が降ってテーブルや椅子が濡れたまま。2日目は朝食時にパラパラと小雨が降って来たので、結局2回とも軒下の丸いコーヒーテー...
セントーサ島の食のニュースポットThe Mess Hall、Hidemasaでシャトーブリアン

セントーサ島の食のニュースポットThe Mess Hall、Hidemasaでシャトーブリアン

The Mess Hallは今回滞在したThe Barracks Hotelと同じく、1904年に軍人用のレクリエーション クラブとして建てられた建物。メス ホールと名付けられてセントーサ島のニュースポットとなっている。 天気の良い日は青い空にコロニアルな白い建物が素敵 斜め向かいには緑のコートヤードを挟んでバラックス...