sponsored Link

ポルトガルの天上の鷲巣村マルヴァオン

高さ約800m山頂にある要塞都市マルヴァオン。
城壁に抱かれるようにある町を形容した”鷲の巣”は、南仏にたくさんある村々と同じだ!

06.2011 045

アレンテージョ地方最後の村、ずーっと見てきた白い村もこれで最後。

06.2011 046

白壁の路地を歩いていくと

06.2011 047

赤いドレスを着た女の子が!このコントラストがいい!

06.2011 052

スペイン国境近くに位置するマルヴァオンは戦略上重要な位置拠点であったらしく、

06.2011 063

村の由来は9世紀に此処を支配したムーア人、イプン・マルアンに由来する

06.2011 065

城塞跡から眺めるアレンテージョの景色はどこも似たり寄ったりで
写真をごちゃ混ぜにしたら、どっちが何処だ分からなくなりそうだけど、
上から見下ろす広大な景色はすごい!

06.2011 074

ランチでもしようとポウサーダへ

06.2011 088

ここは旧修道院のポウサーダ

06.2011 086

06.2011 085

ここも人気があるんだとか!

06.2011 084

ガスパッチョは今回の旅行で良く食べた1品
(夏にスッキリ&サッパリしていて、野菜もいっぱいとれるからうれしい)

06.2011 079

席に着くと勝手に出てくるオリーブはどこの店もガーリックが効いていて美味!

06.2011 080

ここのレストランからもパノラマな景色が見れた

06.2011 078

ホント、建物が修道院だったところだとわかる!

06.2011 089

村人はそろそろシエスタの時間かな・・・・

06.2011 077

美味しいガスパッチョを食べた後、白い町マルヴァオンをあとにし、車は北上する。

Sponsored Link

関連記事、こちらもどうぞ!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

COMMENT ON FACEBOOK