sponsored Link

Page 2

オテル デュ パレのプール&SPA

オテル デュ パレのプール&SPA

フランス大西洋岸の高級リゾート地ビアリッツと言うと、タラソセラピーでも知られている。 死海の塩分濃度と同じプールでプカプカと浮きながらのテラピーがあるらしく、 その施設があるのは泊まっていたオテルデュパレのお隣、ソフィテルホテルだそうだ。 そんな凝った設備はないけれど、オテルデュパレもスパ完備で、専用のエレベーターがあ...
フレンチバスクの古い街バイヨンヌの街歩き

フレンチバスクの古い街バイヨンヌの街歩き

バイヨンヌと言えばハムしか思いつかないフレンチバスクのバイヨンヌは泊まっていたビアリッツからも車で10ほどのお隣の街。 大西洋に面したリゾート地のビアリッツとは違って、紀元前3世紀ごろからある古い街で、 ニーブ川を挟んでグランバイヨンヌとプチバイヨンヌに分かれている。 だからなのかは分からないけど、バイヨンヌという地名...
オテル デュ パレのゴージャスなヴィラ ユージェニーで頂くクリスマスディナー!

オテル デュ パレのゴージャスなヴィラ ユージェニーで頂くクリスマスディナー!

クリスマスイブをボルドー郊外のサンテミリオンで過ごし、バスク地方のビアリッツへとやって来た。記事を書いている今はその翌年の6月でクリスマスの雰囲気は微塵もないけれど、ビアリッツでのクリスマスディナーはオテルデュパレのゴージャスなヴィラ ユージェニーにて! いくつものシャンデリアが下がるエレガントなダイニングサロン。 連...
散策が楽しいフレンチバスクの小さな港町サンジャン ド リュズ

散策が楽しいフレンチバスクの小さな港町サンジャン ド リュズ

ビアリッツから海沿いを走ること20分、フレンチバスクの可愛い港町サンジャン ド リュズへやって来た。 海沿いに車を停めて散策開始! ビアリッツとは全く違う雰囲気で、白い壁に赤い鎧戸の家々を見るとバスク地方にやって来た!と言う感じがヒシヒシとする。 ここでは家からプロムナードへ渡る小さな橋が一軒一軒ついているのだ! 海の...
大西洋を望むオテル デュ パレのチャーミングなお部屋

大西洋を望むオテル デュ パレのチャーミングなお部屋

海バスクorフレンチバスクの高級リゾート、ビアリッツにあるオテルデュパレのお部屋は エレベーターで上がる事も出来るけれど、エレガントな螺旋階段を登った2階にあるお部屋がアサインされた。 美しくゴージャスなドレスを纏っていなくても、 気分だけはプリンセスで、階段に立って写真を撮りたてくなってしまう・・・・ アイアンレース...
ロンドンで一番可愛くてフォトジェニックなザ バークレーのアフタヌーンティー♪

ロンドンで一番可愛くてフォトジェニックなザ バークレーのアフタヌーンティー♪

女性の大好きな見た目にも可愛くてフォトジェニックなアフタヌーンティー。 アフタヌーンティーの本場UK、特にロンドンなんていくつものホテルやカフェが競う合う様に素敵なアフタヌーンティーを提供している。 その中でも、ずーっと行きたかったロンドンのラグジュアリーホテルThe Berkleyの”Prêt-à-Portea”。 ...
ビアリッツのパラスホテル、オテル デュ パレにチェックイン♪

ビアリッツのパラスホテル、オテル デュ パレにチェックイン♪

クリスマス イブイブ&イブを過ごしたサンテミリオンから松林がずーっと続く公園をひた走り、 2時間半のドライブで大西洋岸の高級リゾート地ビアリッツに到着。 街中に入ると、家並みがすでにゴージャス! オテル デュ パレはフランスのホテルランク付けで☆5以上の「パラス」の称号を持つ最高級ホテル。 ホテルの設備、サービスは勿論...
ロンドンの東インド会社でチャイ用の茶葉とチョコレートを買う!

ロンドンの東インド会社でチャイ用の茶葉とチョコレートを買う!

2月にロンドンに行った時に、絶対寄ろうと思っていたお店がメイフェアにある東インド会社。 以前、お友達から手土産で貰った東インド会社のティーパックの詰め合わせの中にボンベイチャイがあって、 まだ寒い頃、インドで飲んだ様なチャイが飲みたくなって作ってみたら、それがとても美味しかったのだ! 東インド会社はフォートナム&メイソ...
ボイントンキャニオンのパワーを感じながらセドナのミアモスパで朝ごはん♪

ボイントンキャニオンのパワーを感じながらセドナのミアモスパで朝ごはん♪

セドナでの滞在先エンチャントメントリゾートでの朝ごはんは、 雄大なボイントンキャニオンのレッドロックを眺めながらお部屋でも、メイン棟のレストランでも出来るけれど、   私達が選んだのはミアモスパ内にあるミアモカフェ レッドロックがより近くに感じられるし、なんてたってミアモスパのプールサイドが一番心地よく感じる...
ロンドンのメイフェアで洗練されたインド料理を食べるなら Indian Accent

ロンドンのメイフェアで洗練されたインド料理を食べるなら Indian Accent

今や英国の国民食と言っても過言ではないと思うインド料理。ブリュッセルでは未だ「とっても美味しい!!」と思うインド料理店に出会っていないから、ロンドンに来るなら食べたい料理の一つ。 2月のロンドン滞在時にロンドン在住の友達に美味しいインド料理が食べたいとリクエストしておいたのだ。 ハイドパークとグリーンパークに接する洗練...
エンチャントメントリゾートのChe ah chiでディナー

エンチャントメントリゾートのChe ah chiでディナー

セドナの最強パワースポット、ボイントンキャニオンの麓にあるエンチャントメントリゾートでのディナーはChe ah chiにて、 お部屋の予約時にレストランを利用するのであれば予約しておいた方がよいとの事で、一番景色の良い場所でとお願いしていおいた。 真っ暗になったリゾート内、これでは景色が良くても何も見えないね!とBen...
セドナ最強のボルテックス!ミ アモ スパで癒されたい!

セドナ最強のボルテックス!ミ アモ スパで癒されたい!

セドナのボイトンキャニオンはセドナでも最強のボルテックスだと言われている。 そのボイトンキャニオンの麓にあるエンチャントメントリゾート。 その敷地内でもレッドロックの真下にあるのがミアモ スパ。 エンチャントメントリゾートのゲストなら日に何度でも利用できるし、スパの敷地内にもお部屋があるので、 スパ三昧な休日が送れるよ...
ボイントンキャニオンでレッドロックを眺めながら過ごすセドナの休日、エンチャントメントリゾートのお部屋

ボイントンキャニオンでレッドロックを眺めながら過ごすセドナの休日、エンチャントメントリゾートのお部屋

ボイントンキャニオンの麓にあるエンチャントメントリゾートではお部屋はヴィラとは言わず、カシータと呼ぶのだそうだ。 十分歩ける距離なんだけれど、スーツケースもあるので、駐車場からバギーに乗って! 夕陽を浴びたレッドロックが神々しく光っている 振り返れば守護神カチーナウーマン 脇のブッシュにはさっき出迎えてくれた鹿ファミリ...
箱庭スタイルのアフタヌーンティーをアムステルダムのコンサバトリウム ホテルで!

箱庭スタイルのアフタヌーンティーをアムステルダムのコンサバトリウム ホテルで!

久しぶりに遊びに来たアムステルダム。 いつもならホテルのチョイスは私だけど、今回のアムステルダムでのホテルはBenoitのチョイス。 直前まで何処に泊まるのか全く教えてくれなかったけど、私だったらココがイイなぁ~と思う所が2,3あって、 その第一候補がThe Leading Hotels of the Worldにも加...
アルプスを越えてジャスミン香る5月のミラノへ♪

アルプスを越えてジャスミン香る5月のミラノへ♪

アムステルダムで週末を過ごした後の翌週末、少し長めの週末をミラノで過ごしてきた。 ブリュッセルからは1時間ちょっとのフライト、飛行機の窓からは雪が残るアルプスの山々が眼下に見えた! 5月になるとアテネの街にはジャスミンの花があちこちで咲くのだけど、 ミラノの街も同じであちこちに白くて小さなジャスミンの花が咲いていて、風...
体長25m超のシロナガスクジラが大迫力!ロンドン自然史博物館

体長25m超のシロナガスクジラが大迫力!ロンドン自然史博物館

滞在していたホテル インディゴ ロンドン ケンジントンからブラブラ歩いて向かったのは、サウスケンジントンにある自然史博物館。以前から大英博物館並に興味深いよ!と聞いてはいたので、ホテルから歩いて行ける距離ならと散歩がてらに行ったのだ。 ちょうど夕暮れ時で、西日が当たって輝いてる見える重厚感たっぷりな建物が見えて来た。 ...
ホテル インディゴ ロンドン ケンジントンで食べる朝ごはん

ホテル インディゴ ロンドン ケンジントンで食べる朝ごはん

ホテルインディゴロンドンケンジントンでの朝食はホテルG階のイタリアンレストランTHEOにて。 奥がバーになっていて、カウンターの裏はちょっとしたショップになっている     放し飼いの鶏が産み落とした卵はイタリア産かブリティシュ産か選べるエッグステーション ビュッフェコーナー スムージーも置いてあっ...
レッドロックに囲まれたセドナのパワースポット!エンチャントメントリゾートにチェックイン!

レッドロックに囲まれたセドナのパワースポット!エンチャントメントリゾートにチェックイン!

ユタ州でのステイ先アマンギリから国道89号線を南下し、走り着いたのが、 セドナのボイントンキャニオンの麓にあるエンチャントメントリゾート。 Enchantmentの文字が見えて、そのまま真っ直ぐ進んでいくんだけど、 アマンギリに劣らずこちらもとても広い敷地だ! 道中ミニゴルフの芝生の上に鹿のファミリーがいた!お出迎えあ...
オーククリーク沿いを走り最強のパワースポット セドナへ!

オーククリーク沿いを走り最強のパワースポット セドナへ!

アリゾナの絶景”ホースシューベンド”から途中でランチ休憩をはさみ、砂漠の真ん中の89号線をひた走る。 行きに寄ったフラッグスタッフ辺りまで戻って来ると、車窓から見える景色は乾いた大地から緑の木々へと変わった。 フェニックスへと続く国道17号線と暫く平行線で走っていた89A号線はオーククリーク沿いをさらに森の奥へと入って...
アリゾナの絶景ホースシューベンドとアマンギリが用意してくれたトルティーヤ ランチ!

アリゾナの絶景ホースシューベンドとアマンギリが用意してくれたトルティーヤ ランチ!

アマンギリをチェックアウトして、まず向かったのはホースシューベンド。 蛇行したコロラド川がヘアピンかカーブを造り、それが蹄鉄に似ているからと付いた名前の場所。 比べると、やっぱりアマンギリのプールの岩もホースシューベンドみたい! 駐車場にはすでに沢山の車が停まっているけど、そこからは影も形も見えなくて、 駐車場には看板...
Amangiri アマンギリで食べる朝食

Amangiri アマンギリで食べる朝食

アマンギリでの朝食は勿論お部屋でも食べられるけれど、やっぱりメインビルディングにて! 朝からサンサンと注ぐ日差し いつ見ても美しいメサ 席に着くとまずは新聞のコピー 朝のドリンクもスムージーからホットチョコレートまで色々 ホットチョコレートは冬にはオーダーいっぱい入りそうね~ やっぱりフルーツはmust、 そしてバナナ...
ギリシャ初のホリスティックWELLBEING Euphoria Retreatに行ってみたい!

ギリシャ初のホリスティックWELLBEING Euphoria Retreatに行ってみたい!

夏のギリシャと言えばエーゲ海の青い海に浮かぶ島々かもしれないけど、 ペロポネソス半島も色々面白い! 以前に紹介したことのある素敵なリゾート、アマンゾイもペロポネソス半島だし、 (アマンゾイ滞在記) 変わり所では出島の様なギリシャ版モンサンミッシェルと呼んでいるモネンヴァシア、 オリンピック発祥の地オリンピアもそうだ。 ...
ベルギーの古都ゲントの街歩きと老舗カフェのMAXでワッフルを食べよう!

ベルギーの古都ゲントの街歩きと老舗カフェのMAXでワッフルを食べよう!

今年のイースターサンデーを過ごしたベルギーの古都ゲント。 ベルギーでNO.1の観光地でもある水の都ブルージュの陰に隠れてあまり目立たない街だけれど、 私的にはブルージュよりも好きな街。 こじんまりとコンパクトにまとまった旧市街にはは幾つもの塔や尖がった教会の屋根が空を突き、 こんなどんよりとした空の下では、ファンタジー...
英国人のソウルフードをロンドンのアールズコート駅前のパブで!

英国人のソウルフードをロンドンのアールズコート駅前のパブで!

高級住宅街で知られるケンジントンとチェルシーの間にあるアールズコートは、 チューブの改札を出て駅前のアールズコート通りに出れば、 日本の何処にでもある様な商店が並んでいてポッシュとは無縁の庶民の雰囲気が漂うファミリアルなエリア。 そんなアールズコートの駅前通りにある2つのパブ。 1つ目のパブは駅の目の前にあるCourt...
ヴェルサイユ宮殿で朝食を!@アランデュカス氏プロデュースのOre Château de Versailles

ヴェルサイユ宮殿で朝食を!@アランデュカス氏プロデュースのOre Château de Versailles

2年前の2016年3月にヴェルサイユに来た際にはまだオープンしていなかった アランデュカス氏のお店Ore Château de Versailles。 今回ヴェルサイユ行きが決まった時には絶対いく!って決めていたのだ。 太陽王ルイ14世が建てたヴェルサイユ宮殿の一角 デュフール棟の2階。 広大な庭園へと抜ける道すがらに...
Amangiri アマンギリで食べるネィティブアメリカン メニューとマシュマロBBQ

Amangiri アマンギリで食べるネィティブアメリカン メニューとマシュマロBBQ

朝昼晩と3食オールインクルーシブなアマンギリでの最初のディナーは”Spirit of the Journey”と題したネイティブアメリカンのトラディショナル料理にインスパイアーされたメニューをチョイス。 別料金になるけれど、滅多に食べる事の出来ない料理なら食べてみたい! 一品一品ネィティブアメリカンの言葉が付いているの...
旧プルマン ヴェルサイユのホテル ル ルイ ヴェルサイユでお食事

旧プルマン ヴェルサイユのホテル ル ルイ ヴェルサイユでお食事

アパルトマンにステイしていた3月のヴェルサイユ。キッチンがあっても勿論つくらないので外食! 日曜はまだ大丈夫としても、ケーキ屋、レストラン等は休業日にしている所が多いヨーロッパの月曜日、 特にヴェルサイユでは月曜日がヴェルサイユ宮殿の閉園日なので必然と同様に閉まるお店も多くレストラン難民になってしまうことも・・・・ そ...
ビクトリア様式の家が並ぶホテル インディゴ ロンドン ケンジントンに滞在

ビクトリア様式の家が並ぶホテル インディゴ ロンドン ケンジントンに滞在

1週間ほど滞在していた2月のロンドン、その滞在先はケンジントンとチェルシーの真ん中に位置するアールズコート。 ユーロスターでのロンドンの玄関口であるセントバンクラスの駅からもピカデリーラインに乗るだけ! アールズコート駅からも徒歩2分ととっても便利な場所にある。 アールズコートの駅前の通りを1本入るだけで瀟洒なエリアに...
Amangiri 夕暮れ時のアマンギリではウサギに会えるチャンス!

Amangiri 夕暮れ時のアマンギリではウサギに会えるチャンス!

昼間の青空の下の大きな岩々もカッコイイのだけれど、夕暮れ時の憂いをなした姿も又素敵! 要はいつでも素敵なアマンギリのリゾート内。 夕暮れ時、ディナー前のアペリティフタイムもWow! お部屋の中やテラスから夕陽が当たってオレンジ色に輝くメサを見ながらグラスを傾ける事も出来るけど、 やっぱりサロンやバーで飲みたくなるから、...
リッツ ロンドンでカクテルでも・・・・

リッツ ロンドンでカクテルでも・・・・

以前アディダスのスニーカーを履いていてドレスコードに引っ掛かり入店拒否されたリッツロンドン! 今回も買い物ついでに寄ってみた。前回と違って今回は革靴だもんね~~~笑 レセプションのスタッフにお茶しに来たと告げると、 やっぱり足元をチラッと見られたのを見逃さなかった! 歴史と格式を重んじるホテルのレセプションカウンターは...